産後の脱毛施設での脱毛の注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理

産後の女性
産後は、ホルモンバランスの変化に伴って肌の状態が敏感となるので、肌が傷つきやすい状態となります。

なので、産後からあまり日が経っていないと、脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいです。

なぜなら、産後は肌が受けるダメージが大きい上に光やレーザーを肌に照射するので、火傷になるリスクが高いからです。

また、光やレーザーが照射されることで肌が赤く腫れたり痒みを伴うこともあるので、ホルモンバランスが整うまでは脱毛施設を利用しないのが基本となります。

ちなみに、脱毛施設では産後の女性客の利用を断ることが多く、利用できても脱毛効果が薄いです。

けれども、産後から半年経てば自然とホルモンバランスが整うので、その影響によって肌の状態も改善されます。

なので、産後に脱毛施設で脱毛を受ける場合は、脱毛効果と肌への安全性によりホルモンバランスが改善されてから通うのがお勧めです。

ホルモンバランスが改善されてから

家庭用脱毛器もホルモンバランスの影響を受けるので、産後に使う場合はホルモンバランスが改善されてから使うのがポイントです。

なぜなら、妊娠前の状態に戻るので、家庭用脱毛器の脱毛効果を体感することができるからです。

それでも、産後においてムダ毛に悩まされる場合は、電動シェーバーを使ってムダ毛処理するのがお勧めです。

電動シェーバーは、刃の衛生管理をきちんと行うことと肌の保湿をきちんと行うことで、肌を傷つけることなくムダ毛処理することが可能となります。

その上、電動シェーバーは産後からあまり日が経ってなくてもホルモンバランスの影響を受けないので、産後の自己処理に最適な方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*