ワキ脱毛をやってみたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ脱毛をやってみたい女性に

夏になって肌の露出が増えると、女性の悩みのタネとなるのがムダ毛です。
特にノースリーブを着ているとワキの下が無防備になり、腕を上げるのもちゅうちょしてしまいます。

恥ずかしい思いをしないためには普段からのムダ毛処理が欠かせないのですが、毎日行うとなるとかなり大変なものです。

おまけにムダ毛の自己処理をしていると肌トラブルが起こりがち。
毛抜きやカミソリを使っていると、黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛などの症状が生じやすくなり、かえってワキのコンディションも悪くなってしまいます。

あまりの大変さに、

「いっそのこと脱毛サロンに行こうか……」

と考えてしまう女性も多いでしょう。でも未経験者にとって、契約した上でサロンに通うというのはかなりハードルが高いものです。

「どれくらいの期間、施術する必要があるの?」
「完了するまでの回数は?」
「痛みが結構あるって聞いたけど……」
「全部で料金はいくらかかる?」

これらの疑問のせいで中々脱毛に踏み切れず、結局はサロンとは無縁のまま自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の料金や効果などの詳細について説明し、脱毛初心者の疑問を解決してみることにしました。

このページの情報が、脱毛を考えている女性の助けになれば幸いです。

そもそも「脱毛」ってどんなもの?

ワキ脱毛について紹介していく前に、そもそも脱毛というのはどういうものか、簡単に説明していきます。

実は脱毛サロンや医療クリニックで施術の対象となるのは、肌の表面に出ているムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、皮膚の奥に隠れている毛根部分なのです。

思い違いしている人もいますが、毛根を施術の対象にするといっても、手作業で毛根を一本一本処置するわけではありません。確かに昔はそんな原始的な方法を取っていましたが、現在では効率の良さが図られ、特別な光を肌に当てることで毛根にアプローチするようになっています。

その際に使われるIPLやレーザーといった光は、肌には影響を与えず、黒いメラニン色素だけに反応する性質を持っています。
ムダ毛のある肌に当てると、肌を素通りして毛根部分で熱エネルギーに変化。毛母細胞、毛乳頭など、発毛を司る組織に大きなダメージを与えます。

脱毛というのは古代文明の時代から行われていたのですが、この方法はコペルニクス的な発見でした。

おかげで脱毛は手間と費用の両方で手軽なものとなり、近年は脱毛人口も急増。VIOといった特別な部位を処置してもらう人も多くなっています。

いろいろな部位がある中で、ワキは最もポピュラー。
初心者の大部分がまず施術してもらうところです。

やはり冒頭に述べたように夏になると露出が増えますから、「ムダ毛処理をするならまずワキから」と考える人が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているだけに汚れや老廃物が他の部位よりも溜まりやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)も起こりやすくなっています。

コンディションの良い状態を保つためにも、トラブルを伴う自己処理は止め、早くワキ毛を脱毛してもらいましょう。

気になる施術回数、料金、痛みの有無は?

脱毛とはなにか、そしてなぜワキ脱毛がおすすめなのか、お分かり頂けたでしょうか?

中には「今すぐにサロンに通いたい」と焦る人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロン通いをするとなると、以下のような諸点が気にかかると思います——

・施術はどれくらいの回数必要なのか?
・料金は全部でいくらかかるのか?
・施術時の痛みはどれほどのものか?

これらのポイントについて、順番に説明していきましょう。

まず施術回数です。脱毛の施術というのは、1回や2回では効果がありません。ムダ毛を根絶やしにするには毛周期の関係もあり、長い施術期間が不可欠です。

特にワキは太い毛が密集している厄介な部位。毛根も深い場所にあるので、他の部位よりも施術に手間がかかると言われています。

もちろん体質などによって違いがあるのですが、脱毛が完了するまで12回から18回はかかる、と考えておいた方がいいでしょう。

続いて料金について。

脱毛の費用については、サロンによってかなり違いがあるようです。たとえば古くからお金持ちの顧客を抱えている高級サロンの中には、短時間の施術でも高額な料金を請求するところもあります。

ただ、ワキ脱毛については初心者向けのコースが多く、一般に値段は安め。

「その中でも特にリーズナブルな店はないか?」と思ってネットで調べた結果、ぜひおすすめしたい店を見つけました。

それは全国展開をしているチェーンサロン「ミュゼ」。広告などで名前を知っている人もいるでしょう。

オススメなのは、特に人気を博している「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円! 缶ジュース並みの値段で脱毛ができるのですから驚きです。

これほど安くで施術してくれるところはミュゼ以外にはありません。脱毛初心者には最適と言えます。

そしてミュゼのメリットは他にもあります。

実は、サロンでのフラッシュ脱毛というのは毛根が高熱にさらされるため、どうしても痛みを感じます。ミュゼはそれが軽くなるように企業努力をしているのです。

具体的に言うと、他のサロンの大部分がIPL方式の脱毛機を使っているのに対し、ミュゼは最新型のSSC方式の機器を使っています。

IPL方式で使用されるのはキセノンランプ。そこからインテンスパルスライトを肌に照射します。

一方、SSC方式で使用されているのはクリプトンライトです。

キセノンランプはそれ自体が脱毛効果を発揮しますが、クリプトンライトの場合、光だけでは効果がありません。

ではどうして脱毛するのかというと、肌に専用のジェルを塗ります。

その上で塗った箇所にクリプトンライトを照射すると、そこの毛根が損傷を受けるのです。

SSC方式の第1の特徴は、光のパワーを抑え気味にしても脱毛効果がある、という点。ジェルと組み合わせることで脱毛するため、高熱にする必要がありません。したがって痛みも少なくてすむのです。

「痛みがあると聞いているので脱毛はイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら痛みはほとんどありません。

ワキ脱毛を成功に導くには?

「ミュゼなら格安で痛みもなし」と説明しましたが、近所にミュゼの店舗がない場合もあります。
そんな時は、他のサロンを選ぶ必要があります。

ただ、今は脱毛ブームといえる状況で、新規サロンの数が増えています。あまりにも店舗が乱立していて、初心者はどこが1番いいのか困ってしまうでしょう。

また、それらのサロンは大々的にキャンペーンを行っているのですが、これもプラン内容が複雑で、どれがリーズナブルなのかよく分かりません。

そこでサロンを選ぶ際、注目すべき点を3つあげてみます。

施術可能回数が一桁のプランは無視する

まだまだ脱毛について知らない人が多く、たとえば1、2回施術するだけでその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんこれは誤解です。1、2度程度の施術では、毛を根絶やしにすることなどできません。
確かに施術後10日〜1ヶ月経過するとツルツルの無毛状態にはなりますが、さらに時間が経つとまたムダ毛が再生されてしまいます。

ムダ毛が生えないようにするには、IPLやレーザーといった光を数ヶ月〜数年、定期的に当て続ける必要があります。

しかもムダ毛が密集しているワキのような部位は、12回から18回の施術が不可欠なのです。

というわけで、施術回数が少なすぎるプランを契約してしまうと、結局は追加施術をしなければいけません。そうなると高いプラン以上の料金が必要になるでしょう。

安く脱毛するためには、いくら安価でも回数の少ないプランは無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにして下さい。

契約する前に返金制度や施術期限を確認する

ワキ脱毛を完了するには、最低3年はサロンに通い続けることになります。

しかし一旦契約したものの、施術を続けていると色々と不満が出てきて、契約を打ち切りたくなる場合もあるでしょう。

契約を中途で解約するとなると、サロンの方では当然イヤな顔をします。また、施術回数が相当残っているのに、返金がほんのわずか、というところもあるようです。

嫌な目に会わないためにも、中途で解約する可能性がある人は解約条件についてあらかじめ聞いておきましょう。

またサロンによっては、契約日から一定日数が経過すると施術そのものが不可になる、というところもあります。その点も事前にキチンと調べておかないと、後で悔しい思いをします。

いずれにしても「ワキ脱毛には時間がかかる」ということを考慮し、回数や施術期間に余裕のあるサロンを選びましょう。

施術後のケアも大事

ワキの見た目を良くするにはムダ毛処理だけではなく、黒ずみなども積極的に改善したいものです。

そのために重要なのは、肌の潤いをしっかりと保つこと。

上で述べたように、施術中、毛根は高熱によるダメージを受けるため、その周辺の毛穴や肌も乾燥してしまいます。

脱毛サロンにはワキのケアのため、施術後の保湿サービスをしっかり行っているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの脱毛方法

ワキ脱毛はサロンだけでなく、医療クリニックでも行われています。

2つの間にはどんな違いがあるのでしょう?

実は両方とも脱毛の原理そのものは同じです。

施術では、黒いメラニン色素だけに反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接当てます。そして、毛母細胞、毛乳頭といった発毛機能を備えた組織にダメージを与えるのです。

原理が同じなら効果は同じか、というと、その点でハッキリと違いが出てきます。

レーザー光の威力は強烈で、サロンのIPLとは比べ物になりません。毛根の組織は完全に破壊されるため、ムダ毛が一生生えてこない可能性が高まります。

また脱毛完了までサロンでは10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛の場合は数回ですんでしまいます。

もし「なるべく短い期間で施術を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を選んだ方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安いのか?

ワキ脱毛は他の部位に比べて料金が格安です。そのせいか、最初の脱毛部位としてワキを選ぶ初心者が多くなっています。

では、なぜワキ脱毛は安いのでしょう?

まず考えられるのは「元々ワキが狭い部位だ」ということ。

脱毛の料金というのは面積に応じて決めることが多く、その点でワキはリーズナブルなパーツなのです。

そして次に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を選ぶため、「その料金を下げることで、さらに多くの客をひきつけられる」とサロンが考えているのです。

いずれにしてもワキの施術は手軽です。サロンの脱毛技術もすぐ分かるので、まずワキから施術を始めるのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果に満足できない時は?

サロン通いを続け、ワキ脱毛が完了。でも、その効果に満足できない——。

そんな時、そのまま施術を続けることもできますが、追加料金が結構かかります。

あるいは今のサロンから他店に乗り換えるのもいいでしょう。
ただ、最初のカウンセリングからやり直す必要があるため、時間と手間がずいぶんムダになります。

そんな事態を避けるためには、とにかく施術期間と回数に余裕を見ておくことが肝心。できるだけ最初に「施術回数が無制限」のサロンを選ぶ方が無難です。

脱毛するとワキ汗が増えてしまう?

最後に脱毛完了後の”ある噂”について、言及しておきましょう。

実は「ワキ脱毛」でグーグル検索すると「脱毛した後、ワキ汗の量が増えた」という感想がいくつか見受けられます。

こんな現象が実際にあるのでしょうか?

答えを先に言うと、こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と思い違いをする人は確かにいるようです。

ネットで調べてみると、その理由は——

「ワキ毛が処理されたために、それまでせき止められていた汗が肌を伝うようになり、汗の量が増えてしまったと勘違いする」

ということのようです。

つまり感覚の問題にすぎず、汗の量が本当に増えたわけではないのです。

しばらくすると汗が伝うのにも慣れてしまい、違和感も感じなくなるでしょう。

以上、色々なポイントから、ワキ脱毛に関する知識やサロンの選び方について述べてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参照し、気に入ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛がうまく処理できれば他人の視線も気にならなくなり、肌の状態もきっとキレイになっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*