「VIO脱毛ってどんなもの?」という女性へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みずみずしく美しい肌は、肉体の若さをアピールするだけでなく、体の健康さを示すバロメーター。
本能的に男性はその美しさに惹きつけられ、女性の服からのぞいた腕や足につい視線を向けてしまいます。

そのことをよく知っている女性は、わざと露出度の高いファッションで男性の気を引こうとします。

ただ、その時に気をつける必要があるのが、知らない間に伸びがちなムダ毛。

離れて見ていた時は魅力的に思えた肌が、近づいてみると毛で覆われていては、かえってガッカリ度が大きくなります。
あえて露出度の高い服を着ていただけに「こんな状態のまま肌をさらすなんて、ずいぶんだらしがない女性だ」と軽蔑的な目で見られかねません。

もちろん、こんなことを言われるまでもなくムダ毛処理に一生懸命な女性も多いはずですが、自己処理というのは月に数回おこなうだけでもかなり面倒なものです。

そんな女性にとって、熟練したスタッフの手でキレイに脱毛できるサロンやクリニックはありがたい存在。脱毛に興味がない男性でも、雑誌の広告やテレビのCMの影響で有名店の名前は記憶していると思います。

実は脱毛がこれほど一般に普及したのは近年のこと。以前は「ニードル脱毛」(特製の針でひとつひとつの毛根を破壊していく)という方法を取っていたこともあり、かなりの時間と手間がかかっていました。
それに痛みも激しいので、あくまでカネとヒマのある女性が若作りのためにおこなうもの、という印象があったのです。

しかし最近ではレーザー技術を応用した効率的な脱毛マシンが開発され、気楽に脱毛する人が増えました。さらに店側でも脱毛人口を拡げようと、派手なキャンペーンを毎月のように繰り広げています。

それにしたがって、プランの方も多様になりました。以前は脚やワキがメインの施術部位だったのですが、現在では腕、顔はもちろん、「VIO」という部位が急激に人気を集めています。

それを聞いて「え、VIOって一体どこを指すの?」と驚いてしまう女性もいるでしょう。
確かに脱毛人口は拡大しているとはいえ、まだまだサロンなどとは縁のない人も多いので当然のことです。

そこでこのページを立ち上げました。初心者に向けたVIO脱毛の基本情報を解説し、あわせて脱毛一般に関する知識なども紹介しています。

「VIO」って体のどこの部位のこと?

「VIO」というと「有名なコンピューターの商品名と似ているな」と思うかもしれませんが、もちろんそれとは全然無関係です。実は美容の雑誌広告などで「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり女性の股間からお尻の辺りを指します。

V、I、Oは、それぞれ——

・Vライン(「ビキニライン」という別名のある、足の付根の三角地帯)
・Iライン(女性器に沿った2つの帯状の部位)
・Oライン(肛門を囲む半径2センチほどの丸い部分。「ヒップ奥」とも呼ばれる)

を指します。

つまり、それぞれ似ているアルファベットがあったことからVIOと名付けられたのであって、別に単語の頭文字を取ったわけではありません。

というわけで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛のことです。

ただ上に書いたようにVIOは3つの部位を指すので、実際の施術にあたっては3つ別々に脱毛することもできます。

そして3ラインを一緒にツルツルの状態にしてしまう施術には、「ハイジニーナ」という別称もあります。

VIO脱毛が日本に最初に伝えられた時、その呼び名は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(現在でもサロンや医療クリニックの一部では、宣伝などで「ハイジニーナ脱毛」とうたってあります)。

その時は、海外の有名人が実践している大胆な脱毛、というイメージがあったのですが、今では日本でもすっかり一般化しました。
これから脱毛したいという女性の間でも、VIOは最も人気を集める部位のひとつとなっています。

実際「施術希望部位」として、アンケートではワキに続いて2位に輝きました。

Vラインのデザインとはどんなもの?

上で述べたように、Vラインは脱毛希望者の間でも上位にランクインする人気部位。

外国ではハイジニーナが人気なので、Vラインも徹底的に無毛にする女性が結構います。しかし、日本ではまだツルツルの状態に抵抗があるのか、ほとんどの女性が一部のヘアーを残すようです。

その場合、「どんな形に残すか」が問題となります。

サロンやクリニックでは迷っている女性のために、定番のデザインを何パターンか用意しています——

・逆三角形

定番デザインの中でも最も自然で抵抗の少ないものです。「いかにも脱毛しました、という感じにはしたくない」という女性には、これをオススメします。

・オーバル型

ナチュラルに見えるかどうかは微妙なのですが、デザインそのものは女の子らしいので、可愛い感じを演出できます。ちなみにオーバルは英語で「楕円」という意味です。

・Iライン型

デザインの中でもかなり大胆で、アンダーヘアーを帯のような感じに脱毛します。きわどい水着を着たいという女性には最適。また縦に長いデザインのため、脚もなんとなく長く見えます。

・Uライン型

「逆三角形」を丸っこくアレンジしたもので、やはりナチュラルな感じがします。

・スクエア型

「Iラインはちょっと大胆すぎる……」という女性がよくチョイスしているようです。ただ、ちょっと不自然な感じは否めないので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに脱毛サロンではなく医療クリニックで施術してもらう場合は、デザイン決定にあたってかなり慎重になることをオススメします。

というのもクリニックは永久脱毛ですから、一度脱毛するとVラインの毛の形は一生そのままになってしまいます。

変わったデザインを選ぶと後悔することも多いので、なるべくナチュラルなものにしておきましょう。

Oライン脱毛をするとどんなメリットがあるの?

VIOの3つの中でも、VラインとIラインは特に脱毛したい人が多いパーツ。小さい水着や下着を着ようと思ったら、そのラインの毛はどうしても脱毛する必要があるからでしょう。

ところがOラインだけは人気がなく、脱毛希望者はさほど多くありません。

でもOライン脱毛をすれば肛門の辺りがキレイになり、ニオイなども減らせます。

また、性行為の時も男性がOラインを見る場合もあります。彼氏に嫌がられないためにも処理する方が安心です。

施術の際は、用意された紙パンツを着ることになります。
それをスタッフがずらしながら、施術していくわけです。

体勢は「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」。どちらかというと後者の方が恥ずかしさを感じずにすむので、スタッフに「うつ伏せ」とお願いしましょう。

最初は恥ずかしいと思いますが、施術を重ねるうちに慣れてきます。

施術時間も10〜15分ほどなので、ぜひOライン脱毛に挑戦してみましょう。

VIO脱毛の費用はいくらぐらい?

脱毛をすると決めたら、どうしても気になってしまうのは料金でしょう。

ここでは「VIO全部を脱毛するコース」の費用を紹介してみます(VIOを別々に脱毛する場合は施術料も異なります)。

まず、サロンで脱毛する場合。

大手サロンの料金は以下のようになっています——

減毛程度でいいというケース

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回につき13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回につき8,640円)

徹底的にツルツルにするケース

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回につき9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回につき9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回につき9,180円)

続いてクリニックで脱毛する場合。

有名クリニックの料金は以下の通り——

減毛程度でいいというケース

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回につき10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回につき12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回につき19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回につき18,540円)

徹底的にツルツルにするケース

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回につき9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回につき11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8〜9回のプランなし)

こうしてチェックすると、サロンは回数が多くて費用も高く、クリニックの方がお得だとわかります。

特に湘南美容外科がリーズナブルなので、VIO脱毛をするならオススメです。

なぜ脱毛完了まで施術を何回もおこなうの?

上で書いたように最近は脱毛がブーム状態を呈していますが、その施術についてはまだまだ知らない人が多いようです。

例えば、脱毛用の光やレーザーを1度肌に照射すれば、それだけでムダ毛を処理できると思い込んでいる人がいます。

実際は1度だけの施術では脱毛は終わりません。確かに一旦ツルツルになりますが、しばらくすると毛が新しく生えてくるのです。発毛をストップするには、長い期間に渡って施術を繰り返す必要があります。

「短期間に何度も施術を繰り返す訳にはいかないの?」と思う人もいるでしょうが、どうしても日数をかける必要があるのです。

なぜか、というと、それには発毛サイクルと脱毛方法が密接に関わっています。

毛は生え変わりを繰り返して毛の数を維持していますが、その循環は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期で構成されています。

このサイクルが「毛周期」で、通常は2〜5ヶ月くらいで一巡します。

3つのうち、「成長期」は毛が成長し、肌の表面へ出てくる時期です。

続いての「退行期」は、毛が成長を止め、毛乳頭から切れかけている時期。

そして「休止期」は、毛乳頭から切れた毛が抜け落ちるのを待っている時期となります。

脱毛の施術というのは、成長期の毛にだけ効き目があります。

つまり、脱毛を完全に終わらせるには、毛それぞれの成長期に施術時期を合わせる必要があるので、どうしても長い期間がかかってしまう、というわけです。

施術後のアフターケアについて

サロンや医療クリニックでの施術には、脱毛専用の機械が用いられます。

これらには様々な種類がありますが、現在多くの店や医院で採用しているのは、メラニン色素に反応する特別なライトを照射するもの。反応によって高熱のエネルギーを発生させ、毛根の組織を弱体化。そのことで発毛を阻害するわけです。

毛と毛根が高熱に包まれるために、毛穴やその周辺の肌も軽微な火傷状態におちいります。

すると肌の潤いが失われて、肌本来のバリア機能を弱まることに。
そうなると赤みやかゆみ、それにむくみが起こりやすくなります。

それだけならまだ軽い症状でいいのですが、かゆみの部位を爪でかいたりすると潤いを失った肌の内部に菌が侵入することになり、色々な肌トラブルの一因となります。

特によく発生するのが毛嚢炎というものです。

これは弱った毛穴に細菌が入って炎症となり、膿が出てきたもの。見た目がブツブツしていて赤いため、よくニキビと勘違いされます。

炎症が肌の表面だけなら、痛み・かゆみもありません。そのままにしておいても、1週間くらいで自然に治ってしまいます。

しかし毛穴の深部に感染が及ぶと、ふくらみのサイズが大きくなっておでき状になり、かゆみや痛みが起こる場合もあります。

症状が悪化すると慢性化し、毛嚢炎の発症を繰り返すこともあるので要注意です。
そうなると炎症がどんどん拡がり、醜い傷跡を肌に残す場合があります。

そんなことを回避するためにも、施術のあとは入浴、あるいは激しい運動をやめ、弱った肌をしっかりといたわりましょう。

以上、VIO脱毛の基本的な情報を紹介してみました。どうだったでしょうか?

もし「いつもカミソリや毛抜きでアンダーヘアを処理している」という女性がいたら、1度クリニックなどで脱毛してもらうことをオススメします。上で記したように自己処理は肌に刺激を与え、トラブルを招きがちです。

脱毛すればデリケートゾーンが衛生的になるばかりでなく、色素沈着なども回避できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*