脱毛の仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛のシステム

サロンとクリニックの脱毛のシステムって?

サロン、医療クリニックに関わらず、脱毛の施術でターゲットとされるのは毛根です。毛が植物とすれば毛根は土壌で、土壌がダメになれば植物は生えてきません。

以前は、プローブと呼ばれる針を一つ一つの毛穴に突き刺して熱処理する美容電気脱毛(ニードル脱毛)という方法が行なわれていましたが、痛みがひどいこともあって現在は廃れています。

代わりに主流となっているのが、光脱毛とレーザー脱毛。

光脱毛はフラッシュ脱毛という別名を持ち、その名の通り、カメラのストロボのような光(フラッシュ)をムダ毛に照射します。

光脱毛にもいくつか種類があって、現在サロンで採用されているのはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といったところです。

そして医療クリニックの方では、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなど、レーザーによる脱毛が一般的。

フラッシュとレーザーの脱毛の原理は同じです。どちらも黒いメラニン色素だけに反応する特性を備えていて、ムダ毛に当てると毛根部分が高熱を発し、毛乳頭や毛母細胞が損傷を受けます。このことで発毛を阻害してしまうわけです。

最近ではハイパースキン脱毛という新しい方式も登場しています。これはバルジという毛根の一部から供給される発毛因子(毛の種)にダメージを加え、発毛を阻止する、というもの。毛根全体をターゲットとしないので低温ですみ、痛みがほとんどありません。ただ、脱毛効果は少々落ちてしまいます。

他の方法にも様々なメリット・デメリットがあります。
脱毛を考えているなら、サロンやクリニックのサイトを見て、自分に合ったところを選ぶようにして下さい。

旭川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*