つい処理を忘れがちな背中の毛をプロに脱毛してもらおう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

7、8年前、ある男性向け週刊誌に、

「”肌が汚い美人”と”肌が美しい不美人”のどちらを選びますか?」

というアンケートが記載されていました。

集計を取った結果をチェックすると、以下のような割合になっています——

1位:肌が美しい不美人……37%

2位:肌が汚い美人……32%

3位:どちらともいえない……21%

4位:その他……10%

そして、1位である「肌が美しい不美人」を選んだ男性の意見には、次のようなものがありました——

「肌が美しいと清潔感があって好感が寄せられる」
「肌のキレイな女性は年齢を感じさせない」
「肌のコンディションが良くないと、生活が乱れているんじゃないかと勘ぐってしまう」

つまり男性の中には、「肌さえ魅力に富んでいるなら、容貌や年齢は二の次だ」と思っている人が少なくないのです。

この結果を知って、元気が出た女性も多いでしょう。生まれつきの容姿は整形でもしない限り大幅に変えることはできませんが、肌さえ丁寧に手入れすれば、男性の気を引けるからです。

実際、一生懸命に美容に取り組み、顔、腕、脚などの肌の手入れを毎日欠かさない女性が多くいます。

しかしそんな人でも、意外に見逃しがちなパーツがひとつあるのをご存知ですか?

それは、「背中」です——。

背中というのは自分の目でチェックするのが困難なだけに、そのコンディションを毎日点検するのは大変です。特に問題となるのはムダ毛の存在でしょう。
ケアをしないで放置しておくと、いつのまにかムダ毛が背中一面に生えていて、改めて見た時に衝撃を受けることになります。

そうなっても「背中は別に人に見せることもないから、放っておいても平気」という女性もいるかもしれません。

ただそんな女性でも、近々結婚式をあげるという状況なら話が違ってきます。人生でも滅多にない晴れの舞台ですから、できるだけ自分の思い通りに着飾りたいでしょう。大胆に背中を見せたドレスなど、ウェディングでは定番になっていますから、なるべくなら身につけたいはずです。

もし、式が間近というのに背中のコンディションが良くないことがわかったら、急いでニキビやムダ毛のケアをおこなうことになります。しかしその場合、時間が切迫していて、ケアも適当になりがちです。

肌の状態が悪いために着たいドレスも着れないのでは、一世一代の式に悔いが残ることになります。
そんな目にあわないためにも、日頃から背中のケアをしておくことが大切です。

ただ背中の毛を自分で処理するのは大変なので、どうしてもサロンやクリニックに通って、プロに脱毛をゆだねることになります。

そうはいっても、いざ出かけるとなると、値段や痛みのことで不安にかられる女性も多いでしょう。ある脱毛のアンケートによると、「施術を受けてみたい」と思うものの、なんだか怖くて施術へ踏み切れない、という人がかなりいるようです。

そこでこのサイトを立ち上げてみました。背中脱毛の施術料、現在の脱毛方法を中心に、色々な情報を初心者向けに提供してみようと思います。

背中脱毛の料金相場はどれくらいなのか?

脱毛しようかどうか検討している時、まずチェックしたくなるのはその施術料でしょう。

サロンとクリニックとでは脱毛完了に至る施術回数、そして脱毛方式にも差があり、1回の費用も違ってきます。

・脱毛サロンの場合

大部分の脱毛サロンでは、施術部位の項目に「背中上部」と「背中下部」があり、それぞれ1回の施術にかかる費用がおよそ5,000円となっています。
つまり背中の全てを施術すれば、2つあわせて約10,000円となるわけです。

なお施術は1度や2度では効果がなく、脱毛を完璧にするには何回か店舗に通わなければなりません。

サロンでの背中脱毛の場合、毛を減らす程度でも6回から11回、完璧にツルツルに処理するには最低12回施術してもらう必要があります。

つまり、10,000円×12回で120,000円ほどです。

ただし、サロンではディスカウントを色々と実施しているので、もっとリーズナブルに脱毛できるプランも少なくありません。

・医療脱毛クリニックの場合

クリニックでの背中脱毛は、1回の施術料が15,000円くらいとなっています。

また、回数はサロンに比べて少なく、人によっては4〜5回で毛を減らす効果が得られます。
ただ、ツルツルにする場合は、施術回数は8回ほどです。

ということでクリニックの施術料は、15,000×8回で、およそ120,000円になります(つまりサロンと同額です)。

ただクリニックの場合、施術料に相当な幅がありますから、公式サイトなどで丁寧に料金を見比べた上で、契約する医院を選ぶべきです。

以上の施術料をまとめると——

・脱毛サロンの場合

1回……10,000円/脱毛完了(12回)……120,000円

・医療クリニックの場合

1回……15,000円/脱毛完了(8回)……120,000円

となります。

背中は脱毛しづらいパーツ?

実は背中は、脱毛するのが難しいパーツとされています。
それは背中のムダ毛が、他の部位に比べると色が薄くて細いからです。

「なぜ色が薄くて細いと、脱毛が難しくなるの?」と思われるでしょうが、それは現行の脱毛方式と密接な関係があります。

以下、脱毛サロンと医療クリニックで使われているマシンの紹介をしながら、その理由を記していきます。

現在、サロンで1番ポピュラーなのは、IPL脱毛という方式のマシンです。

このマシンは、キセノンランプによってIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を肌に照射し、毛根部位にダメージを与えます。もともとはシミ、くすみなどを治癒する「フォトフェイシャル」用にエステで使用されてきたもので、脱毛専用ではありません。

しかし、フォトフェイシャルを受けている顧客のうちに「ムダ毛が伸びなくなった」という女性が多くいたため、改めてテストを実施したところ、発毛を防止する働きが証明されました。以後、サロンでも施術に使われることになったのです。

IPLの最大の特徴は、複数波長を備えた混合光だということ。そのせいで肌への損傷を気にせずに広い範囲に使用できます。
脚、背中には最適で、施術もあっという間にすんでしまいます。

ただ、光が肌の各層に広がるため、毛根に損傷を与える威力はそれほど強烈ではありません。

一方医療クリニックでよく使われているのは、「レーザー脱毛」のマシンです。これはレーザー光の照射で脱毛効果を発揮します。

実は脱毛の仕組みに関しては、IPL脱毛とレーザー脱毛の2つはそれほど変わりません。照射されるライトはいずれも、メラニン色素に反応して高熱を発する特性を持っています。

毛穴のある皮膚に当てると、ムダ毛で発熱を起こし、やがてその熱は毛根へと集中していきます。毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織が高熱に包まれることで、毛が伸びる機能が損なわれるのです。

ただ「仕組みはそれほど変わらない」といっても、照射パワーに関しては別です。レーザー光のパワーは激烈で、毛根部位は徹底的に破壊されます。そうなるとムダ毛はもう伸びず、その部位は何十年も無毛のままです(これが「永久脱毛」といわれるものです)。

「そんなパワーの強いレーザー光なら、背中脱毛でも効くのでは?」と思われるでしょうが、そう単純にはいきません。

というのも、背中のムダ毛にはメラニン色素が少ししか含まれておらず、レーザー光が当たっても発熱そのものが生じにくいからです。

「では、背中のムダ毛に脱毛効果があがる方法はないの?」ということになりますが、それについては以下の章で述べていきます。

背中の毛にも脱毛効果が発揮される方法は?

背中のムダ毛を効率的に脱毛する方法には、次の3つがあります——

・S.S.C.方式のマシンで施術
・ダイオードレーザーで施術
・美容電気脱毛が可能なクリニックへ行く

これら3つについて、順番に解説していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これはいくつかの有名サロン(脱毛ラボ、ミュゼなど)が使っています。S.S.C.は「スムース・スキン・コントロール」の頭文字です。

上で紹介したIPL方式との違いは、ライトを照射するだけでなく専用ジェルを使うこと。IPLでも連射の際は滑りを良くするためにジェルを使うことがありますが、このS.S.C.方式のジェルはそれとは異なります。

このジェルには「フィリニーブ」という独自の成分が入っています。尿素、サルチル酸、セイヨウシロヤナギのエキスなど、天然素材から抽出された物質が配合されており、これらが毛根に浸透し、発毛機能にダメージを与えます。

上の章で述べたように、IPL脱毛では背中の脱毛が難しくなっています。しかし、ライトとジェルを併用するS.S.C.方式ならメラニン色素をターゲットにする必要がないので、背中の毛穴にも効き目があるのです。

次に、ダイオードレーザーを使った施術です。

医療クリニックではレーザー光を用いてムダ毛を脱毛していますが、使用されるレーザーには以下の3つがあります——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

これらは各自とも異なる特徴を備えているのですが、ダイオードレーザーの場合、他よりも威力のある光を照射できるところが大きなメリットとなっています。

レーザー光の基準のひとつに「パルス持続時間」がありますが、ダイオードレーザーの数値は3/1000秒とたいへんに短く、このことで優れた脱毛効果をあげられるのです。

ダイオードレーザーが使えるマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがあります。どちらかを設置しているクリニックを探せばいいでしょう。

次に美容電気脱毛です。これは光のマシンを使った施術が一般化する前は、脱毛の主流でした。

「プローブ」という絶縁加工された針を毛穴に突き刺し、電気を通して毛根に大きなダメージを与えるため、「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」という別名があります。

針という物理的なもので毛根に損傷を及ぼすので、脱毛効果は他の方法よりはるかに高い、とされています。

これならメラニン色素があろうがなかろうが関係ないため、背中は見事にツルツルになります。

ただ、針を刺した上に強い電気を通すわけですから、痛みはかなり激しくなります。痛みがイヤだ、という人にとっては、施術は相当ツラいでしょう。

また、毛根ひとつひとつを手作業で処理していくので、脱毛完了までに相当な日数が要りますし、施術料もとてもリーズナブルとは言えません。それらの欠点を十分に理解した上でこの方式を選べば、ほかのやり方よりも高い効果が得られます。

以上、3つの方法について解説しました。

このうち、最も実行しやすいのがS.S.C.方式です。3つのうち、どれを選べばいいか分からないという人は、とりあえずS.S.C.方式にするのがいいかもしれません。完全な無毛状態には至らなかったとしても、毛の量を抑える分には十分です。

ただ「背中を徹底的にツルツルにしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛が最適でしょう。

背中脱毛の疑問点とその回答

背中脱毛についての疑問点とその回答をまとめてみました。

Q.脱毛で背中のニキビがケアできるって聞いたけど?

脱毛が完了して背中が無毛状態になると、確かにそれまでできていたニキビが治ったりするようです。

これは、無毛になることで開いていた毛穴が締まり、炎症や皮脂の詰まりといった肌トラブルが軽減されるためです。

ただ、施術直後だけは注意しなければなりません。マシンの光によって皮膚が乾き、皮脂の分泌が促進されてしまいます。

そうなるとニキビが発生しやすいので、化粧水やクリームを塗って肌に潤いを与えましょう。

Q.施術のせいで硬毛化が起きやすくなる?

硬毛化というのは、細くて薄い毛が、何らかの刺激で太い剛毛に変わってしまうこと。施術時の高熱が毛乳頭に刺激を与えるから、とも言われていますが、まだハッキリした因果関係は証明されていません。

確かに施術でそんな現象が起こることもありますが、脱毛を続ければ他の毛と同じように処理できますから、特に心配する必要はありません。

以上、ビギナーのために背中脱毛についての基本情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

夏休みを迎えるとバカンスに出かけることもあって、背中を人に見せる機会が増えてきます。いつの間にか伸びてしまったムダ毛を脱毛してもらい、肌の状態を整えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*