メンズ脱毛サロンの賢い選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人間は自分を魅力的にするために、外見に気をつかいます。「人間の本当の魅力は中身にある」と反論する人もいるでしょうが、やはり見た目の良し悪しで他人の態度が変わってくるのは紛れもない事実です。
特にキレイな肌は良い印象を高めますから、その手入れに一生懸命になるのは当たり前のことです。

ところで、肌をケアする時に邪魔になるのが、いつの間にか生えているムダ毛です。いくらコスメを使っても、ムダ毛が手入れされていないと肌の魅力は半減します。そうならないよう、カミソリ、毛抜き、クリームで処理に熱心な人も多いでしょう。

しかし、ムダ毛の自己処理というのは手間がかかる上、除去ツールをずっと使用していると、その刺激で色素沈着や埋もれ毛が起こることもあります。

その悩みを解決してくれるのが、脱毛サロンや医療クリニック。
昔はひどく高かった料金も脱毛技術の進歩によって安価になり、いまでは手軽に払えるようになっています。

客層も以前に比べて若返り、ローティーンの女の子が通うのも珍しくありません。さらに美意識の高まりから「肌をツルツルにしたい」という男性が増え、男性専門の店舗も続々とオープンしています。

ただ脱毛にトライしたいと思っていても、サロンというのは中々勝手が分からないものです。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンを特集し、よく使われている脱毛方法、サロンの選び方のポイントなどを紹介していきます。脱毛にチャレンジしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは一体どんなもの?

光脱毛について
脱毛の施術について質問されると、「針に似た器具を毛穴に差し込んで、電気を流す」と答える人がまだまだいるようです。

実はこういう施術方法は、別に間違ってはいません。
昔のサロンやクリニックでは、毛穴に針状の電極を挿入するというやり方で、ムダ毛の処理をおこなっていたのです。

ここで、脱毛の歴史を簡略に説明してみます。

紀元前から脱毛薬は存在した

初期の文明を築くと、人類はすぐに美容への関心を抱き、ムダ毛を除去するようになりました。古代の文献を紐解くと、紀元前3000年から4000年頃の中東や地中海沿岸では、石灰や硫黄を混ぜ合わせた脱毛用の薬を使っていたようです。

そして紀元前1500年頃のエジプトでは、カバの脂肪、蓮の葉、油などを材料にした脱毛剤が使われ、絶世の美女として有名なクレオパトラも脱毛薬でムダ毛の処理をおこなっていました。

以後近代に入るまで、脱毛は化粧と同じように女性のたしなみであり続けましたが、そのやり方については、カミソリ、毛抜といった単純なツールか、天然由来の薬剤を用いるだけで、紀元前と比べてそれほど変化があるわけではありませんでした。

電極による脱毛がスタート

しかし、19世紀末に電気の特別なパワーに注目が集まると、ようやく脱毛にも新しい技術が導入されます。そのスタートとなったのが、米国の医師チャールズ・ミッチェルが発明した「電気分解脱毛法」でした。

セントルイス在住の眼科医だったミッチェルは、逆さまつ毛の治療のために電極(プローブ)を使い、毛根の水酸化ナトリウムを凝固する実験をおこないます。幸い、この実験は成功し、逆さまつ毛の発毛は阻害されました。1869年のことです。

ミッチェルがこの実験の論文を1875年に雑誌に掲載すると、やはり電極で施術をおこなう医師が出てきて、「電気分解脱毛法」は新しい脱毛方法として広がっていきます。
しかし、この方法は毛穴に細いプローブをひとつひとつ挿入していくため、たいへん手間と時間が必要でした。

それでも、成功すれば死ぬまでツルツルの状態が保てるためにこの方法は普及し、改良型のマシンが日本にも持ち込まれました。そして「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼ばれ、最もよく用いられる脱毛方法となったのです。

特殊な光線による方法が登場

やがて、様々な点でこの美容電気脱毛よりも優秀な方法が登場します。それが光線を用いた脱毛方法です。

この方法は、物理的に毛根に触れることなしにムダ毛を脱毛する、という点で画期的でした。波長を調整された特別な光線は、ひとつの色だけに作用特徴があります。脱毛の施術においては、ムダ毛の成分のひとつであるメラニン色素にその光線を吸収させます。光線は熱エネルギーへと変化し、毛根に致命的なダメージを与えるのです。

この光線を使った脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類に分けられます。

そして大抵の脱毛サロンで導入されているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類は?

ここで光脱毛の種類について、さらに述べてみます。

光脱毛には様々なライトが用いられますが、それらは毛の成分のひとつであるメラニン色素に吸収されます(周辺の細胞には反応しません)。

光線はこの吸収によって熱エネルギーに変化。その熱が毛根の発毛機能に影響を与え、毛の産生が阻害されるわけです。段々と毛の本数は少なくなり、施術を定期的に続けることで部位の全てがツルツルとなります。

光脱毛には現在、以下のような4つの方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴を簡単に説明していきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最もよく導入されている脱毛方法です(店によっては「フラッシュ脱毛」と呼んでいます)。IPL(インテンスパルスライト)と呼ばれる光線が毛乳頭とその周辺に損傷を及ぼし、2、3ヶ月に1度施術していくと、数回ほどで効果が実感できます。

難点は施術時に少しだけ痛みがあること。ただ輪ゴムで軽く弾くような感じで、別に耐え難い痛みではありません。

次にSSC方式。この方式の特色は発射される光線にあります。IPL方式の場合はキセノンランプを使用し、先に述べたIPLという光線を照射します。対してSSC方式では、クリプトンライトという光線を用います。

インテンスパルスライトだと、光線だけで脱毛できますが、クリプトンライトは単独では普通の光と変わりません。

では、どうやって毛根に影響を与えるのかというと、まず肌に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根が衰弱し、毛の成長がストップするのです。

SSC方式の最大の長所は、光線のパワーが多少低くても問題ない、という点。ジェルとの併用で施術するので、高熱の光線でなくても効果があります。したがって、施術時の痛みはIPL方式よりも軽微です。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは1番新しい脱毛方法です。両方とも毛根の一部であるバルジ領域を標的にする点が、それまでの方法と異なります。

特にハイパースキン法は、光線の温度が肌の温度と変わらないため、施術時の痛みが皆無。
ですから、痛みに弱い人でも脱毛可能です。

光脱毛とレーザー脱毛の相違点

相違点
上で紹介した通り、サロンでは光脱毛による施術がメインとなっています。

それに対し、医療クリニックで主に使用されているのは「レーザー脱毛」という方法です。2つはどんなところが違うのでしょうか?

レーザー脱毛は、レーザー光線を使った脱毛方法です。もともとレーザー光は、一定の色に吸収される特徴を持っています。
つまり、破壊したい物質に色がついているなら、波長を調整することでピンポイント的にダメージを与えられます。

その点は光脱毛とあまり変わりませんが、レーザー脱毛の場合、その威力がとんでもなく強い、というところが違っています。

長い波長を持つレーザー光は、高いエネルギーを保ったまま毛根に届きます。そのため毛乳頭などは死滅することが多く、部位は一生ツルツルになる確率が高くなります。

それだけの威力を持つので、レーザーマシンは医師でないと操作できません。

ただレーザー脱毛は痛みが強いのがデメリット。敏感肌の人は炎症などが生じる可能性もあります。

光脱毛の良い点&悪い点

良い点&悪い点

良い点

光脱毛の第1のメリットは、料金が安くですむことです。

もちろん部位やプランによりますが、1回の施術料が医療クリニックの2分の1に満たないケースもあります。

また、光脱毛の器械を操作するには特殊な資格はいりません。すでに解説したようにレーザー脱毛は医師だけがおこなえますが、サロンならスタッフの誰でも脱毛可能です。つまり、より多くの客に対応できるので、医療クリニックのように「契約したものの、全然予約が取れない」という困った事態が避けられます。

次のメリットは、皮膚への負担が少なく、照射時の痛みが軽いこと。そのため、肌の弱い人、痛みに敏感な人には最適です。

レーザー脱毛は光の強い威力のせいで、痛みが避けられません。
そのため、パーツによっては軽い麻酔を用いることもありますが、光脱毛ではそんな面倒は無用です。

麻酔には多くの場合追加料金が必要ですから、その点でも安心です。

そして、最後のメリットですが、光脱毛には多種に渡るプラン&コースがあるため、自分の希望に沿った脱毛ができます。

部位を組み合わせるプランもありますし、店によっては顔などのエステコースが追加可能なところもあります。

悪い点

光脱毛は「脱毛」とはいっても、本当は「減毛」「抑毛」と呼ぶ方がふさわしく、施術しても「死ぬまで部位はツルツルのまま」というわけにはいきません。

ただ毛が復活するにしても、本数が少なくなったり細くなったり、成長のスピードが抑制されたりするので、施術は決してムダにはなりません。

また光脱毛は、レーザー脱毛よりも施術期間が長くなります。

光脱毛は1度の施術程度では、それほど効果があがりません。何ヶ月も光を照射し続けた結果、ようやく効果が出てきます。通常はレーザー脱毛の数倍の日数が必要です。

脱毛が終わるまで日数がかかりすぎると、レーザー脱毛より料金が高くなることもあるので注意しないといけません。

そしてもうひとつの欠点に、産毛や薄い色の毛は脱毛しにくい、ということが挙げられます。

これらの毛は元々黒いメラニンの量が少ないので、IPLなどの光線が素通りしがちです。
そのため、施術を何回おこなっても効果があらわれにくくなっています。

サロンを選ぶ際のポイントは?

選ぶ際のポイントは?

料金システムに注意を払う

サロンはたいへん店舗が多く、料金システムに関しても色々です。ただ大まかに分けると、「月額制」と「ローン」の2つになります。

なるべく節約したい人は「月額、定額制」をチョイスしがちですが、施術が長期化するとかえってコストが高くなる場合もあります。

さらに「月額制、回数無制限」というシステムが売りのサロンもありますが、お値打ちかどうかはその回数で変わってきますし、「1回の時間」も留意すべきポイントです。

たとえば施術が1週間に1度で、1回10分とすると、1ヶ月での施術時間は40分となります。この40分でどれだけムダ毛を処理できるかによって、その費用がお得かどうか、判断がつきます。

また、人気店となると予約が取りにくいので、こちらの予定通りに施術できないことが多いようです。

契約してからガッカリしないためにも、あらかじめ詳しい情報を知っておきましょう。

同じパーツでも男女によって値段の差がある

「〇〇(パーツの名前)を施術してもらうと、いくらかかりますか?」と聞くと、「普通は〇円です」とサロンのスタッフが答えてくれると思います。ただ女性客が中心の店だと、その返事にも注意が必要です。

というのも、男性は毛の量と質が女性とは異なるため、通常よりも費用が高くなるケースが多いのです。

しっかり毛を検査し、正しい見積もりを出してくれるサロンもあるかもしれませんが、女性より料金が高くなりがち、ということを理解しておいて下さい。

「追加料金」はいるのか?

通常の料金に加え、別の料金が必要なケースがあるか、事前にチェックしておくべきです。

例えばサロンによっては、家庭でオリジナルのケア商品を使用するよう、勧められることがあります。その料金は初めからコース代金に入っているのか、聞いておきましょう。

延長料金を事前に確認

契約分の施術は完了したものの、結果に満足できない人は追加の施術が可能です。

その際、追加施術の料金が通常のプラン料金よりはるかに高額な場合があります。
知らずに申し込むと後であわてることもあるので、あらかじめ確認した方がいいでしょう。

以上、脱毛志願の男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を詳しく紹介してみました。

今、脱毛はブーム状態。各サロンでは顧客を呼び込もうと一生懸命です。お得なキャンペーンを毎月のようにおこなっているので、公式サイトを小まめに調べるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*