後悔しない家庭用脱毛器の選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昔、脱毛は費用と手間がかかることもあって、「金持ちのぜいたく」と見なされていました。
ところが近年は美容への意識が高まり、脱毛も「気軽に受けられるもの」というイメージに変化しています。

有名タレントを使ったサロンや医療クリニックのコマーシャルがテレビでもしきりに流され、その影響もあって十代の女の子ですら施術に通っているようです。

また、サロンなどに通う余裕のない人などは、家庭用脱毛器を手に入れ、気になるパーツの手入れをおこなったりしています。

「自分もムダ毛が悩みだし、一度脱毛器を買ってみようかな」という方もいるでしょう。ただ、全般的にまだ安いとは言えない商品ですし、その種類もびっくりするほど豊富です。
購入して後悔しないためにもその特徴、長所と短所、また自分に合うかどうかについて、しっかり把握する必要があります。

そこで、このサイトを作ってみました。家庭用脱毛器を購入したい人のために、その選び方などに関して細かく説明していこうと思います。

家庭用脱毛器はムダ毛に悩む人にとってありがたい器具

家庭用脱毛器
ムダ毛を手入れするのに使われるツールには様々な種類がありますが、それらはおよそ2つに分けられます。つまり、肌表面から伸びた部分だけを処理するもの(カミソリ・クリーム・電気カミソリなど)と、ムダ毛全体を毛根から引き抜くもの(毛抜き・ワックス・脱毛テープなど)です。

これらのうち、カミソリ類は「除毛」にあたり、「脱毛」とはいえません。
そして毛抜やワックスの方は毛を根元から取り除くので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、発毛そのものをストップするわけではありません。

ということで、これまでムダ毛の成長自体を止めるには、サロンや医療クリニックでプロの手を借りるしかありませんでした。

そんな時に発売されたのが、家庭用脱毛器です。これは脱毛したいと思っていた人にとって喜ばしいニュースでした。

何しろサロンやクリニックで脱毛する場合、施術完了まで最低でも数ヶ月、長いケースだと数年間はかかります。
その間に根気が続かずにやめる人も多いですし、その施術料が10万円を越えることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、もっと安い値段でプロ並の手入れができるのですから、すぐに売れ筋の商品になったのも当たり前でしょう。

ただ、1番安い機種でも2万円弱はしますから、いざ買うということになると商品選びには慎重になってしまいます。

以下の買い方のポイントやメリット・デメリットをしっかり理解して、自分の目的と予算に見合った機種を選んで下さい。

買う際に注意すべき点とは?

注意すべきポイント
家庭用脱毛器は、方式や機種によって効果の現れ方がハッキリと分かれる商品だと言われています。「値段がすごくリーズナブルだったから」「デザインのセンスが良かったから」といった理由で安直に買ってしまうと、結果的に損をする場合が多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失望しないためにはどうしたらいいのか、その注意点を述べてみます——

使い勝手の良さも重要

ネットで家庭用脱毛器についての感想を調べてみると、

「『ムダ毛の処理が効果的にできる』ということだったので購入してみました。でも私には持つ部分が重すぎて、少し使っただけで手が疲れます」

「照射口が狭すぎて、手入れにひどく時間がかかります」

「動作音がうるさく、夜中の使用は近所に気を使ってしまいます」

といったかんばしくない口コミが目立ちました。このように「使用感が不満」という理由から、購入したにもかかわらずいつの間にか使うのをやめてしまった、という人も少なくないようです。

こんな羽目におちいらないよう、あらかじめ連射機能、照射面積、最大出力レベル等については公式サイトなどでキチンと確認するようにしましょう。また家電店が近場にあるなら、商品を試しに触ってみて、重量がどれくらいなのかチェックした方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

脱毛器購入でよくあるのは、本体を安い値段で手に入れたものの、消耗品の費用が思った以上にかかって後悔してしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は格安の2万円台のものから、10万円以上の高級な機種まで色々そろっていますが、使用ごとに消耗するカートリッジの維持費を忘れてはいけません。

購入の前には、本体価格とカートリッジのコスト、そしてその交換頻度に関して、しっかりとチェックしておきましょう。

脱毛効果をきちんと知っておく

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛する方式が異なりますが、家庭用脱毛器でも各商品で違う方式が使われています。現在主流なのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式などですが、それぞれに得意不得意があります。

処理したいパーツ、あるいは効果をどれだけあげたいのかは使う人によって異なりますから、各方式の特徴をわかっておいた方がいいでしょう。

また、「1回の処理の時間はどれくらいか」「顔・VIOといったデリケートな部位にも使えるか」といった細かいポイントをできるだけチェックしておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果に関しては、しっかり留意しておきましょう。

脱毛器の使用についての長所・短所

長所・短所

家庭用脱毛器の長所

・ヒマな時にひとりで脱毛ができ、サロンやクリニックと契約する必要がない
・施術場所に行かなくて済むので、交通費などのお金が浮く
・他人の目にさらしたくないパーツ(VIO、乳首周りなど)もしっかりと処理できる
・自分の調子に合わせて照射出力を変えられるため、痛みを軽くすることができる

家庭用脱毛器の短所

・家電としては高い値段の上、カートリッジなどの消耗品をずっと購入し続けないといけない
・海外製品には出力が強すぎるものがあり、使っていると肌トラブルを起こしやすい
・プロによる施術と比べると、効果があらわれるのに日数が必要
・うなじ、お尻、背中など、体の裏側にあるパーツは人に手伝ってもらう必要がある
・もし肌のトラブル(炎症、火傷、切り傷など)が起こっても、自己責任になってしまう

永久脱毛は家庭用脱毛器によって可能なのか?

永久脱毛は可能なのか?
ほとんどの家庭用脱毛器は、脱毛のメカニズムという点でサロン、クリニックの機器と変わりません。ただ、肌トラブルが生じないように照射パワーが小さめになっているので、永久脱毛はやれないようになっています。

なお、勘違いしている人が結構多いのですが、サロンの脱毛は正確には「抑毛」です。発毛器官は施術によって弱体化するだけなので、数年のうちに毛は再生します。

もし永久脱毛を望むのなら、レーザー脱毛を行っている医療クリニックで施術を受けましょう。

脱毛方式にはどんなものがある?

家庭用脱毛器の方式は、今のところ数種類あります。それらについて解説してみましょう——

フラッシュ式

これは脱毛サロンと同一のもので、大抵の家庭用脱毛器で使われています。特別なライト(IPLと呼ばれます)を肌に照射すると、肌の奥にある毛根の器官が高熱で弱体化。時間をおきながら照射を繰り返すと、ムダ毛が薄くなり、本数が減ってきます。

最大の特徴はライトの出口が大きく、1回で広い範囲に照射できること。
そのためムダ毛の手入れがすばやくできます。打ち漏れも少ないので、足・腕といった大きな部位を脱毛するにはピッタリです。

照射パワーもそれほど強くないため、火傷などの肌トラブルの可能性も低くなっています。もちろん痛みもチクリとする程度です。

デメリットは脱毛完了まで時間がかかることですが、それでもおよそ1年も照射を続ければ肌がなめらかになります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックのマシンと同じ方式。肌に当てられたレーザー光がムダ毛の黒いメラニンに反応。その結果、毛乳頭、毛母細胞などが熱に包まれて発毛が妨げられます。

レーザーは狭い部分に集中するため、効果的な手入れができます。剛毛、指、顔の一部などを脱毛したい人にピッタリです。

完了までの期間も短か目。2週間に1度の照射なら、3ヶ月ほどで効果があらわれます。

ただ広いパーツの場合、1回の照射に時間がかかりますし、打ち漏れも生じやすくなります。

また見逃せないのが、「痛み」という大きなデメリットです。口コミでも「『痛い!』と声が出た」「照射直前は冷や汗が出る」といった感想が目立ちます。

特にデリケートゾーン、脇、骨付近のスネはかなり痛いので、照射パワーを控えめにした方がいいでしょう。

また、シミやホクロにはレーザー光が反応する場合があるので、シールなどでカバーするか、照射を避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピンセット状の先端(ピッカー)でムダ毛をつまみ、そこに非常に弱い電流を通すことで脱毛を行います。フラッシュ式やレーザー式のような強い光を使わないので、額の生え際、眉毛など、目に近い部位のムダ毛を処理できます。

また、白髪、日焼け肌のムダ毛は光による方法では脱毛できないのですが、高周波なら手入れ可能です。

ただ、1本ずつ処理しなければならないので、足、腕、あるいは背中といった部位には合っていません。
できるだけスピーディに手入れをおこないたいという人には、フラッシュ式の方がいいでしょう。

以上紹介してきた方式は、すべて毛根にダメージを及ぼしてムダ毛の処理をおこないます。そして3つとは種類が異なるのですが、やはり「脱毛器」と名付けられている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても少し触れておきます。

サーミコン式脱毛器ですが、ヘッド内蔵の熱線によってムダ毛を焼いて処理します。あくまで表面の部分を手入れするだけで、毛根には影響はありません。つまり本当は「除毛」というわけです。

ただ、これを使うと毛先が丸くなるため、カミソリ後のチクチクが嫌いな人にはありがたいでしょう。

最後に「ローラー式」です。これはローラーヘッドを肌に転がしてムダ毛を抜きます。

方法自体は毛抜と変わりませんが、広範囲をスピーディに手入れできるのが長所です。もちろん毛穴には負担をかけるため、おすすめはできかねます。

主な家庭用脱毛器の価格はどれくらい?

価格はどれくらい?
家庭用脱毛器の購入を考えた時に最も気になるのが、その価格でしょう。

公式サイトの数値をもとに、主な家庭用脱毛器の値段をまとめてみました——

・ノーノーヘア…¥12,800

・エピレタ…¥17,800

・センスエピX…¥29,800

・ラヴィ…¥39,800

・トリア…¥54,800

・ローワン…¥54,800

・フィリップス…¥66,880

・2PSクリスタル…¥69,800

・ケノン…¥69,800

・ダブルエピ…¥81,000

・レイボーテグランデ…¥108,000

以上、最もリーズナブルな機種は12,800円、そして最もハイレベルな機種は108,000円となっています。

すでに書いたように、買う時はカートリッジの価格を考慮することが大事です。本体価格・プラス・カートリッジ代がどれくらいなのか、自分で計算しておきましょう。その数字の比較によって、本当の価格差が判明します。

たとえば上の脱毛器のうち、特に人気の機種について、その照射費用を並べてみると——

・ケノン
1回の照射費用…約0.15円
照射面積…9.25平方cm

・ラヴィ(オールインワンセット)
1回の照射費用…約0.2円
照射面積…7.4平方cm

・トリア
1回の照射費用…約0.06円
照射面積…1平方cm

・センスエピX
1回の照射費用…約0.09円
照射面積…2.7平方cm

となります。

この結果から「1回の照射費用の差なんて、ほとんどない」と高をくくる人がいるかもしれません。しかし脱毛は2週間ごとに照射を続ける必要があります。つまり、ワンショットのちょっとの差でも、何回も続けることで思った以上の大きな差となります。

また、「照射範囲」も重要です。1回の照射範囲が大きいとそれだけショット数は減少しますから、カートリッジも節約できます。

トリアなどはレーザー式なので、照射範囲はどうしても狭くなります。そのためフラッシュ式のラヴィやケノンに比べ、照射面積は2分の1にも及びません。

広い部位を処理したい人など、各機種の1回の照射費用と面積がどれくらいなのか、ちゃんとチェックしておきましょう。
その上で、なるべくお得な機種を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器のメリット・デメリット、選び方のポイントなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べたように、家庭用脱毛器はその脱毛の方法や機種によって効果や用途が違います。
また本体以外に、消耗品であるカートリッジの価格をしっかり把握しておくことも重要です。

ぜひ自分にふさわしい商品を選び、素敵な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*