顔脱毛でさらに美しさに磨きをかけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔脱毛でさらに美しさに磨きをかけよう

顔は人間の体の中で最も”雄弁”なパーツ。
生き生きと精彩を放ち、他人を惹きつけるという点で、他の部位とは比較になりません。自分のキャラクターが露骨に現れる「人間性の窓」とも言えるだけに、その見栄えを気にするのも当然と言えるでしょう。

ところで、日頃から肌の手入れを念入りにしていると、「邪魔だなあ」とつい感じてしまうものがあります。

それは鼻、頬、フェイスラインなどに生えている産毛——。

特に鼻の下に生えているものなどは、光線の具合によってヒゲに見えることもあります。
気になるのでカミソリなどで自己処理するのですが、肌にどうしても負担がかかり、下手をすると黒ずみなどの症状を起こすことも……。

普段から美へのこだわりを持っている女性にとっては、とにかく産毛は厄介な存在です。

こんな悩みを解消しようと、最近は思い切って脱毛に挑戦する人も増えてきています。

昔、顔脱毛は料金がリーズナブルとはとても言えませんでした。
ところが近年は新しい脱毛技術もあって費用もディスカウントされ、手軽に施術できるようになっています。

とはいっても、今までサロンと無縁だった人にとって、店と契約した上で施術に通うというのは何となく尻込みしたくなるものです。

そこで、顔脱毛に関する知識を提供し、サロンの選び方などについても紹介してみることにしました。

このページの情報が、脱毛しようか悩んでいる人の一助になれば、と思います。

現在、脱毛の施術のやり方は?

顔脱毛の情報を述べていく前に、まず現在の脱毛がどのようなものなのか、簡潔に説明しておきましょう。

昔、脱毛の施術というのは、特殊な電気針(プローブ)を使ってムダ毛の毛根を焼き切る「美容電気脱毛」が一般的でした。

これは脱毛効果においては非常に優れていますが、何しろ針をひとつひとつ毛穴に刺していくわけですから、かなりの痛みを伴います。おかげで、「脱毛は痛い」というイメージが一般に流布してしまいました。

現在では「時間がかかりすぎる」という理由もあってこの美容電気脱毛は廃れ、レーザー系の光を肌に当てるという、はるかに手間のかからない方法が主流となっています。

サロンで用いられている光(フラッシュ)は「インテンスパルスライト(IPL)」が1番ポピュラーです。

このフラッシュは、黒いメラニン色素を含んでいる毛根部分に到達すると熱エネルギーに変わり、毛乳頭、毛母細胞などの発毛組織に大きなダメージを与えます。

もともとIPLというのは、エステで肌トラブルの治癒のために使用されていた光。脱毛用に流用された後でも毛穴やシミなどのケアに効果を発揮するので、施術を続けるうちに肌のコンディションも改善されてきます。

また最近では、IPL以外にもSHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法といった方式が開発され、サロンによって施術方法が選べるようになってきました。

それぞれの方式には特色があるので、その詳細をチェックした上でどれにするか選ぶのがいいでしょう。

施術できる箇所がサロンによって違うって本当?

顔脱毛で注意したいのは、施術できる部位が各サロンによって違う、ということ。

ある脱毛に関するアンケートによれば、利用者の施術希望箇所ベストスリーは、眉間、鼻の下、アゴということですが、これらも脱毛できるかどうかはサロン次第です。

たとえば、有名サロンに限っても——

ジェイエステ……フェイスライン、目元、頬、鼻下、口周り、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ミュゼ……鼻下、顎

と、施術箇所はサロンによってバラバラです。

ということで、「顔脱毛にも対応」と店の宣伝に書かれていたとしても、こちらの施術希望部位を脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかく店までやってきたのに「そこは施術不可です」などと言われるとガッカリしますので、事前に施術できる部位についてチェックしておきましょう。

平均的な顔脱毛の料金はいくらぐらい?

料金はいくらぐらいなのか?——

顔脱毛のことを考えた時、初心者の頭にまず思い浮かぶのはそのことでしょう。

有名サロン20社のデータにしたがって平均の料金を出してみると、「41,033円」という金額になりました。

これが果たして高いのか安いのか——。その答えは、その人の脱毛への熱意によって異なるでしょう。

ちなみに顔脱毛の施術はサロンに限らず、医療クリニックでも可能です。

こちらも平均料金を計算してみたところ「131,325円」という額に——。

つまり医療クリニックの場合、サロンの3倍以上の料金が必要になるわけです。

さすがに13万円を超えるとなると「高いなあ……」と思う方がいるかもしれません。

ただクリニックには大きなメリットもあります。ムダ毛が一生生えてこない「永久脱毛」が可能で、これはサロンではやれない施術です。

サロンかクリニックか、迷ってしまう人もいるでしょう。
効果と料金のバランスを考慮し、自分の希望に沿う方にして下さい。

初心者にもってこいの「お試しコース」

サロンでは様々なお得プランを広告などでアピールしていますが、初心者に推薦したいのは何と言っても「お試しコース」です。

これによってその店の技術、接客態度、サービスなどをチェックし、その後で長期のプランを選ぶのがベスト。

なお、お試しの申し込みは、店に直接電話するよりネットで行いましょう。まず行きたいサロンのサイトを開き、条件や料金を細かく見た上で手続きします。

その後は、申し込み時に決めた日に店に出かけます。

最初、必ず受ける必要があるのがスタッフによるカウンセリングです。料金はほとんどのサロンで無料となっていますから安心。

内容は、いくつかのプランの説明、こちらの希望条件・部位の聞き取り、そして脱毛に関するガイダンスなど。ちょうどよい機会なので、

「脱毛はどれくらいの期間で完了するのか?」
「店で採用している光脱毛器の種類は?」
「ここで永久脱毛は可能なのか?」

など、細かく訊ねてみましょう。

初日に関しては、このカウンセリングだけで終了。施術の方は、予約した上で後日受けることになります。

施術の時は——

・接客態度はしっかりしているか?
・施術に痛みはともなうか? その程度は?
・術後の保湿ケアに気を配っているか?

などの点をしっかりチェックしましょう。

これで問題がなければ、そのまま長期のプランを契約すればいいですし、不満があればそのまま終了。後者の場合は他のサロンをチェックし、また「お試し」に出かけることになります。

最近はサロンの数もずいぶん増えているので、自分に合った店に必ず出会えるはずです。

顔脱毛なら「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評価の高いサロンを2つ紹介します。

まずは、渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるといった有名タレントのCMで有名な「キレイモ」。

ここの顔脱毛の利点は、他のサロンよりも施術可能な部位が多いところ。他店では満足が得られず、わざわざキレイモで脱毛し直す女性までいます。

続いて推薦するのは、「ジェイエステティック」。

ここで一番ポピュラーなのは「フェイス6」というプラン。料金が1回あたりわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべく安価に顔脱毛したい」という女性には最適。

またヒアルロン酸のジェルを使っていますから、施術中に乾燥してしまった肌をしっかりとケアしてくれます。

「店の数が多すぎて、どこを選べばいいのか悩んでいる……」という人は、ぜひこの2つのサロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本的な情報をお届けしました。

これ以降は、サロンに通う間に生じがちな疑問点や、施術で注意すべきポイントを紹介していきましょう。

歯の治療中でも脱毛は可能?

脱毛というのは思った以上に日数がかかります。サロンに数ヶ月通い続けるのは当たり前なので、その期間中、歯の治療を受けに行く人もいるでしょう。

その場合、歯の治療と脱毛を同じ週に行なうこともあるかもしれません。
施術では強い光を照射するわけですから、何か問題が起こらないのか気になってしまいます。

実際にサロン側に訊ねてみたところ、「通常の歯の治療なら大丈夫」とのこと。

ただ、歯医者でもらう痛み止めについては、用心しなければなりません。

脱毛の施術では、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こります。これは光によって、むくみ、かゆみ、あるいは水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、この症状を引き起こす成分が痛み止めに配合されていることがあり、うっかり飲むと施術ができません。

過敏症にならないためにも、痛み止めを摂取したら必ず申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯の場合、施術によって痛みが激しくなることもあります。それが嫌だという人は、口付近の施術は避けるようにしましょう。

また、歯列矯正中は矯正器具に光が反応してしまうことがあります。矯正器具をつけているときは、口付近の施術はやめた方が無難です。

ただ、器具がプラスチックやセラミック製だと、問題なく施術できます。

このように施術の条件は複雑なので、必ずスタッフと相談しながら脱毛して下さい。

ニキビのせいで施術できない?

脱毛の施術というのは体調に影響を与えることもあるため、色々と受ける時の条件が決められています。

たとえば肌が異常に乾いていると施術不可ですし、意外なことにムダ毛が処理されていない場合も施術は後回しになります。

では肌にニキビがある場合はどうでしょうか?

サロンに質問してみると、大抵の店で施術可能でした。

というのも光脱毛器で使われるIPLという光は、発毛組織に大きな損傷を与えるだけで、ニキビには害を与えません。施術しても別に問題は発生しないのです。

ただ炎症の具合が進んでいる時は、IPLを照射することで多少症状に影響を与えることがあります。
施術するかどうかは、炎症の様子を見て決めて下さい。

脱毛によってシミやそばかすができるの?

現在、主流となっている脱毛方法は、メラニン色素に反応するレーザー系の光を肌に直接当てるというもの。

「肌にそんな光を照射したら、日焼けした時のようにシミやそばかすができるのでは?」と不安を覚える女性がいるかもしれません。

確かに太陽による日焼けは肌トラブルの原因となります。
脱毛で使われるIPLという特殊なライトも光度が大きいので、つい紫外線と同じ様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし上で述べたように、光脱毛機は美肌効果のために使われてきた歴史があります。肌に対して損傷を及ぼすものではありません。

「でも『脱毛をやったせいで、顔にシミができた』という口コミをネットで見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

このことについては、2つの理由が考えられます。

まず、肌の深い層に潜んでいたシミ予備軍が、ターンオーバーによって肌表面に出てきた、というもの。

施術にともなって新陳代謝が促進され、深層にあったシミが表面に出てくることは珍しくありません。

ただ、大抵のシミはターンオーバーが進行すると消えてしまいます。

あと施術のせいで潤いが不足した肌に小さな傷がつき、それが痕になってしまう場合。これをシミだと誤解する人がいます。

こんな事態を起こさないためには、保湿ケアが重要。
施術後は水分をたっぷりと肌に与えましょう。

ともかく、脱毛が原因で傷やシミが残るわけではありません。安心してサロンに通って下さい。

サロンへ施術に出かける時、メイクはNG?

顔脱毛のためにサロン通いを始める際、女性にとって不安に思うことのひとつは、

「メイクなしで店に行かないといけないのか?」

ということ——。

スッピンでも人前に出られる10代の女の子なら、もちろん問題はないでしょう。しかし、身だしなみとしてメイクが欠かせない大人の女性にとって、素顔のままでサロンまで出かけるというのは結構イヤなことです。

先に結論を言っておくと、サロンに出かける際はメイクしていても問題ありません。

実はサロンには専用ブースが用意されていて、施術前にちゃんとメイクを落とせます。
しかも店の中には、スタッフが無料で化粧をオフしてくれるところもあります。

ただ、いくら設備がそろっているとしても、あまりに濃い化粧をしていくと、それを落とすのに時間がかかってしまいます。

やはり化粧は薄めにし、オフに要する時間が少なくなるようにしましょう。

いかがだったでしょうか? 顔脱毛の情報や疑問点、そしてオススメしたいサロンについて色々と書いてみました。

ぜひこのページの情報を参考に、サロンと契約して顔脱毛に挑戦して下さい。
施術を重ねるにつれ、肌のコンディションも以前より改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*