自己処理のデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kenuki

薄着になる季節は肌の露出とともにムダ毛が気になりますよね。
ムダ毛の処理はどうされていますか?
半袖になる腕、スカートから出る生脚、ストッキングからはみ出すムダ毛、ノースリーブの際にはワキのムダ毛どうしたらいいのでしょうか。
それならば自分で脱毛してみよう・・・と始めてみます。

たとえばカミソリなどでムダ毛を剃ってみます。
剃ったすぐはムダ毛がキレイになくなりツルツル肌になります。
が、しかしムダ毛は髪の毛のように毛根を持っていてすぐに生えてきます。
剃った断面は広がっているので以前よりも濃いムダ毛が生えてきたように見えてしまいます。

それならば、毛抜きなどで抜いてみます。
芽を出したようなムダ毛ならばそこまでの痛みは感じません。
しかしながら、ほんの少し長めのムダ毛を抜くのは痛みを伴います。
場合によっては毛穴が炎症を起こしてしまします。
ワキのような肌が薄い部分のムダ毛を何度も抜いてしまうと肌が黒ずむこともあるので注意が必要です。
いったんはキレイになったかのようなムダ毛ですが、どうしても生えてきてしまいます。

ドラッグストアを始め多くのお店で販売されている除毛クリームはいかがでしょうか。
クリームを肌にのせてしばらく待ちます。薬品によって伸びているムダ毛を分解します。
しかしその薬品が肌に合わずに肌荒れをしてしまうことがあります。
毛根まで分解するわけではないのですぐにムダ毛が生えてきてしまいます。

自分でムダ毛の処理をすることは簡単なようでこまめなお手入れが必須ですし、お肌が荒れてしまう可能性が高いのです。
やはり自己処理は簡単ですがデメリットが多いのです。

ムダ毛をキレイにしたい、お肌が荒れてしまうのはイヤだと思う方にはやはりおすすめなのが脱毛サロンでのムダ毛処理です。
レーザー脱毛ではほとんど痛みを感じません。
ワキなど部位が小さい部分の脱毛時間は非常に短いです。
ムダ毛が生えてくるサイクルに合わせてサロンに通い、ムダ毛処理完了です。
サロンならば体のどの部位でも脱毛が可能です。
お肌が荒れることもなく、キレイでツルツル肌で自信が持てますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*