後悔しない医療脱毛クリニックの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「勧誘がしつこくて悪質」
「毛穴に針を入れるので、ものすごく痛い」——

昔、脱毛に関しては上記のような印象がつきまとっていました。しかし、業界の浄化活動や技術革新の成果もあって、事情はすっかり変わりました。

また、施術料についても大幅なディスカウントがおこなわれたこともあり、客層は女性のみならず、男性にも広がっています。有名タレントが登場するテレビコマーシャルや雑誌の広告などを見て、「一度脱毛にチャレンジしたい」と思う人もいるでしょう。

脱毛するとなったら、行くところは2箇所しかありません。脱毛サロン、あるいは医療クリニックです。
カウンセリングのあと契約を交わし、希望部位のムダ毛が生えなくなるまで最短低でも数ヶ月、通い続けることになります。

サロンの方が施術料がリーズナブルなので、以前はそちらに通う人が多かったのですが、最近は医療クリニックの良いところも理解されるようになり、どちらを選ぶか困ってしまう人もいるようです。

そこで、このページを作ってみました。
脱毛にトライしたい人向けに、医療クリニックの長所・短所、施術に使われる技術、そしてクリニックを選ぶ時に留意したいポイントなどについて、詳しく紹介していきたいと思います。

クリニックの脱毛とはどういうものか?

クリニックの脱毛
今のところ、日本でマシンによる脱毛をやっているのは、サロンと医療クリニックしかありません。もしクリニックの方を選ぶなら、その特徴を確認しておいた方がいいでしょう。

1)施術にレーザー光線を使用する

ライトを照射するマシンで脱毛をおこなうところはクリニックもサロンも変わりません。しかし、クリニックの場合、そのライトがレーザー光線である点が大きな特徴です。

レーザーによって脱毛が可能だと気づいたのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ.A.パリッシュ。1983年、2人が科学雑誌「サイエンス」に掲載した論文「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエント時代から続く脱毛の歴史に大変革をもたらしました。

それまでの脱毛の方法は、毛穴と同じ直径の電極(プローブ)を使った「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)が主流でした。これは逆さまつ毛の処理用にチャールズ・E・ミッチェルという眼科医が1875年に考案したもので、毛包にプローブを挿入し、熱の力で発毛組織を凝固化します。

この方法なら永久脱毛ができますが、なにしろひとつひとつの毛穴にプローブを差し入れていくために手間がかかり、それだけ費用も高価になってしまいます。
しかもプローブに電気を通す時に激烈な痛みが伴うため、顧客側も相当な忍耐を強いられます。

この状況を一変させたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛はその名の通り、レーザー光線のパワーによって発毛機能をストップさせる脱毛方法。レーザー光線というのは他の光のように多くの波長を含まない単色光で、放射されても拡散せず、一直線に同じ方向に進みます。

最も大事な特徴は、レーザーのそれぞれの波長が一定の色だけに作用する、という点。つまり、ある色のついた組織に特定のレーザー光線を当てると吸収されて高熱を生じ、その組織を破壊できる、ということです。

脱毛に用いる際は、3%ほど毛に含まれているメラニン色素に作用するよう、波長を結晶や気体のレーザー媒質によって700nmから1000nmに調整します。
これでムダ毛に発射されたレーザー光線は黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化。その熱は65度〜70度にまで達します。

この高熱が毛の成長を促す組織(毛乳頭や毛母細胞)を破壊し、毛が生えなくなるのです。

この方法の利点は、あくまで破壊の標的はメラニン色素だけであり、表皮などには直接の損害を与えない、というところです。 施術も肌にレーザー光線を当てるだけなので、非常に効率的。ニードル脱毛のような手間は不要です。

開発当時、照射できるレーザー光線はルビーを媒質に用いたものだけでしたが、今はダイオード、アレキサンドライト、YAGなど、色々な媒質を使ったレーザーがあり、部位や毛の性質に応じて使い分けることができます。

2)永久脱毛ができる

脱毛についてはまだまだ一般にその詳細が浸透しておらず、「脱毛マシンで光を1回照射すれば、その部位の毛は死ぬまで伸びてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛球部分は丈夫な組織で、少々損傷を受けてもすぐにその機能はよみがえります。1度照射したくらいではダメージもわずかで、さらに毛には成長サイクルがあるため、それに応じて処理を継続する必要があります。
そうやって2ヶ月に1度くらいの頻度で施術するうちに毛の本数が減り、やがて部位全体が無毛となります。

サロンでも毛根に作用する光線を使いますが、クリニックと違ってその威力が限定されているために、発毛機能は一時的に衰えるだけです。数年も経過すると毛球部分はよみがえり、ムダ毛がまた伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックではパワー抜群のレーザーを用いるため、毛球部分が死滅する可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)医師でないと脱毛がおこなえない

上に記した通り、サロンの脱毛方法は毛根に作用を及ぼしますが、技術的にレーザー脱毛とは違うものです。サロンのマシンの光とレーザー光線を比べると、パワーに関して銃弾と砲弾くらいの違いがあります。危険度が低いため、サロンの施術スタッフに資格は不要です。

一方、レーザー脱毛は光線がとんでもない威力を秘めているので、操作に誤りがあると深刻な事故につながりかねません。そのため機器を操作するのは、万一のトラブルに対応できる医師に限られています。
もちろん、ケガの処置ができる設備や器具もそろっているので、その点でも心配はいりません。

医療脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・施術にあたるのは医師なので、もしトラブルが生じても対処してもらえる
・サロンよりも効果がずっと高く、毛深い人でも肌をツルツルにできる
・脱毛終了までの日数が短めで、通う回数もサロンほど多くない

デメリット

・ディスカウントキャンペーンが多いサロンより、費用がかなり高い
・サロンより照射時の痛みが激しいため、施術自体がイヤになる
・炎症、毛膿炎などの肌トラブルが起こることがある

脱毛サロンと医療クリニック その違いとは?

上でもクリニックと脱毛サロンの差に少しだけ触れましたが、ここでさらに相違点を述べておきます——

料金

昔からサロンは目を引く広告を女性雑誌に掲載していますが、そこには大きな活字で「特別ディスカウント」「○日まで限定キャンペーン」などと書かれています。これで分かる通り、サロンの第一のメリットとなっているのはその料金の安さです。

一方、クリニックは医療機関ということもあって、施術料が大幅に値下げされることはまずありません。

ここで、サロンと医療クリニックでは脱毛完了に至るまで料金がどれだけかかるのか、一覧でまとめてみましょう。

まず脱毛サロンから。全国に店舗がたくさんある大手サロン20社の公式サイトから、パーツ別の平均料金を計算してみたところ——

・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・全身…164,700円

という金額になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索でよく名前が出てくる20院の平均料金を計算しました——

・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・全身…401,945円

これではっきり分かる通り、やはり医療クリニックは脱毛サロンより料金が高くなります。
特にその差が大きいのが顔脱毛で、クリニックの施術料はサロンの3倍を越えます。

効果

すでに述べたように、サロンとクリニックでは施術方法が異なるため、効果についてもかなりの差が出ます。

今のサロンの脱毛方法は、主にIPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法の4つです。

IPL脱毛はサロンで最もポピュラーな脱毛方法で、フラッシュ脱毛、光脱毛と呼んでいる店もあります。ワンショットで広い範囲を手入れできるため、足、腕、背中といった部位にピッタリです。照射パワーが抑えてあるので、痛みも軽微ですみます。

他の方法もメリット・デメリットが色々ありますが、気をつけたいのはサロンの脱毛は正確には「抑毛」「減毛」だということ。肌がツルツルになったとしても、その効果は数年です。

一方、医療クリニックで用いるレーザー光線はサロンとは比べ物にならないパワーを秘めていて、毛が再生する可能性が低くなります。

保証

保証については、クリニックと脱毛サロンでそれほど差はない、と言えます。

納得できるまで施術を継続できる「永久保証」、有効期限を一定期間まで延長できる「期間保証」、中途解約時に未使用分の払い戻しをおこなう「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方で受けられます。

ただ、条件そのほかは各クリニックによって色々と異なりますから、トラブルにならないよう、公式サイトで確認しておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いについて、案外言われないのが支店(支院)の数です。

「それって何が大事なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛の施術というのは、完了までにどうしても長い日数が必要です。
部分脱毛でも数ヶ月、さらに手間のかかる全身脱毛のコースになると、サロンやクリニックに数年間は通わなければなりません。

なにしろ長期間なので、生活環境が大きく変わってしまう場合もあります。転勤や引っ越しなどがそうですが、新しい家の近くにそれまで通っていたクリニックの支院がないため、あらかじめ払っておいた施術料がムダになるケースも出てきます。

部分脱毛なら数万円くらいですむかもしれませんが、いくつもの部位を脱毛するプランになると、前払いの総額が20万を越えるのも普通です。できるなら、引っ越しでそれがムダになるのは避けたいでしょう。

有名サロンなら全国に店舗を展開しているため、引っ越し先でも契約を継続できる可能性が高くなります。ところがクリニックだと大規模なところは少なく、転居先に支院がないことも多いようです。

ということで、もし引っ越し・転居の多い人が脱毛したいなら、クリニックよりもチェーン店の多い有名サロンの方がいいかもしれません。

医療脱毛クリニック選びでの注意ポイントは?

注意ポイントは?

施術料はどれくらいかかる?

医療クリニックに行こう、と決めた時、まず検討したくなるのはその費用でしょう。

すでに記したように、医療クリニックはサロンより割高ですが、たとえばテレビコマーシャルで知られる「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなり格安になっています。特に両脇は、6回施術できて費用はたった1,000円です。

このように一部の部位をリーズナブルに施術してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひサイトなどでチェックしてみて下さい。

痛みは軽いか?

レーザー脱毛の大きなデメリットが施術時の痛みです。最近ではそれを何とかしようと、新しく開発されたマシンを導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では「ジェントルレーズプロ」という最新機器を使っています。これは施術部位を冷やすことで痛みを軽減。しかも麻酔代も無料になっています。痛みがとにかくイヤ、という人にはピッタリでしょう。

支院の数は?

クリニックの支院の数も見逃せないポイントです。

それだけ顧客がいる、ということで安心ができますし、予約も入れやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」はとりわけ支院の数が多く、転居してもそのまま施術を続けられる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについて、その脱毛技術、選び方のポイントなどを詳しく紹介してみました。いかがだったでしょうか。

「料金が高い」「レーザーの痛みが心配」といった理由からクリニックを敬遠する人も少なくないと思います。
しかし脱毛効果を重視するなら、サロンよりクリニックをおすすめします。

どうかこのサイトを参照しながら、満足のいく医療クリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*