脱毛で炎症は起こる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

赤くなってしまう

レーザー脱毛の後に赤みが生じるのはなぜ?

医療クリニックで脱毛の施術を受けた後、しばらく皮膚が赤くなってしまうことがあります。

なぜこんな状態になるかというと、レーザーの光が毛穴とその周辺の皮膚に軽いやけどを起こしているからです。

レーザーの光は肌に照射されると、ムダ毛の毛根部分の黒いメラニン色素に反応します。
そこで熱エネルギーに変化して毛乳頭や毛母細胞などを破壊。この時、どうしても周辺の組織に熱が移って、やけどを生じさせてしまいます。

皮膚が赤くなるというのは、レーザーの光がしっかりと毛根組織にダメージを与えた証拠でもあります。赤みが出ると不快さを覚える人もいるでしょうが、脱毛がうまく行っているとみなして我慢するしかありません。

ちなみに、上記の理由以外にも、皮膚部分に赤みが生じるケースがあります——

肌が強く日焼けしている

脱毛用のレーザー光は、メラニン色素を含んだ黒い組織に反応する性質を持っています。
そのため、日焼けをしていると光が反応しやすくなり、施術自体が不可能になる場合もあります。

レーザーの光がシミやほくろに当たった

上述したようにレーザー光はメラニン色素に反応して脱毛効果を得ます。ホクロやシミにもメラニン色素が含まれているため、うっかり当たると熱を持ってしまいます。

照射パワーが強い

クリニック側でも剛毛の場合はレベルを上げてレーザー光を照射しますが、そのせいで肌へのダメージも強くなります。赤みがあまりにひどい場合は、クリニック側と相談するようにしましょう。パワーを下げてくれます。

なお、赤みが出ている肌は普段よりバリア機能が衰え、刺激に弱い状態になっています。
熱い風呂に入ったり激しい運動を行ったりすると症状が悪化することがあるので、なるべく避けるようにして下さい。

旭川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*