脱毛の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クリニックに通う人

サロンやクリニックで使われている脱毛法について

脱毛のためにサロンや医療クリニックに通う人が増えるにつれ、脱毛方法やその機器も発展を遂げています。

その方法のいくつかを紹介してみましょう。

まず昔から使われている美容電気脱毛(ニードル脱毛)

これは針を毛穴に刺した上で電気を流し、毛根に熱ダメージを与えるというものです。

脱毛効果に関しては他の方法よりもはるかに高いのですが、なにしろ針を刺すのですから当然痛みがあり、しかも毛の1本1本に対して処理をしていくために非常に時間がかかります。

後述するような方式が主流になった現在では、少し時代遅れの感は否めません。

続いて光(フラッシュ)脱毛

こちらは脱毛サロンで広く採用されている脱毛法。IPL(インテンス・パルス・ライト)という、黒いメラニン色素に反応する光をムダ毛に照射。毛根に熱エネルギーを加えて組織を破壊するという仕組みです。

光(フラッシュ)脱毛にも細かく種類があり、抑毛ジェルと光を併用する「S.S.C.脱毛」、発毛因子を不活性化する「ハイパースキン脱毛」、毛乳頭ではなくバルジという部位にダメージを与える「SHR脱毛」などが知られています。

そして最後に医療レーザー脱毛

こちらは文字通りレーザーを使うもので、原理は光(フラッシュ)脱毛と同じ。レーザーをメラニン色素に反応させて毛根の組織を破壊します。

光(フラッシュ)脱毛と違うのは、こちらはあくまで医療行為だということ。したがって医師資格を持っている人でないと施術はできません。

また光(フラッシュ)脱毛はあくまで一時的に「減毛」する効果しか持っていませんが、レーザーの場合は毛根を半永久的に死滅させることができます。永久脱毛をしたいなら、このレーザー脱毛をおこなうのがおすすめです。

旭川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*