脱毛コラム

乾燥やストレスが埋没毛の原因になることもある

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
乾燥やストレスなどは、肌荒れになってしまう原因としてよく挙げられます。どちらもなかなか避けられないことで、肌ケアをしている人にとっては大敵です。この乾燥やストレスなどの肌荒れは、毛が皮膚の下から出てこない埋没毛の原因にもなってしまいます。黒い毛がそのままの状態になってしまうのですから、それで良いわけがありません。肌ケアをきちんとしていたのに埋没毛があったら、それを見てがっくりしてしまいます。それぐらい埋没毛には困らされてしまいますので、できたらなるべく早く対処をしていかなければならないです。

まずは予防していくことが大事

 乾燥やストレスなどが原因で肌荒れしてしまったのなら、まずはそうならないように予防していくことが大事です。ただ、それでもできてしまうことがあります。そんなときは、埋没毛を的確に処置してくれる専門店や専門機関へ駆け込むのがオーソドックスな解決方法です。埋没毛の処理はいわゆるむだな毛の処理と同様ですので、通常の脱毛によって対処することが可能です。そのためには美容外科はもちろんそうですが、皮膚科などのクリニック、あるいは脱毛エステや脱毛サロンなどでも対処可能です。埋没毛があるとわかったらげんなりしてしまうかもしれませんが、解決方法がないわけではありません。ですので、どうすればベストかをよく考え、確実に処理することがとても大切です。

産後の脱毛施設での脱毛の注意点について

出産後のムダ毛の処理

産後の女性
産後は、ホルモンバランスの変化に伴って肌の状態が敏感となるので、肌が傷つきやすい状態となります。

なので、産後からあまり日が経っていないと、脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいです。

なぜなら、産後は肌が受けるダメージが大きい上に光やレーザーを肌に照射するので、火傷になるリスクが高いからです。

また、光やレーザーが照射されることで肌が赤く腫れたり痒みを伴うこともあるので、ホルモンバランスが整うまでは脱毛施設を利用しないのが基本となります。

ちなみに、脱毛施設では産後の女性客の利用を断ることが多く、利用できても脱毛効果が薄いです。

けれども、産後から半年経てば自然とホルモンバランスが整うので、その影響によって肌の状態も改善されます。

なので、産後に脱毛施設で脱毛を受ける場合は、脱毛効果と肌への安全性によりホルモンバランスが改善されてから通うのがお勧めです。

ホルモンバランスが改善されてから

家庭用脱毛器もホルモンバランスの影響を受けるので、産後に使う場合はホルモンバランスが改善されてから使うのがポイントです。

なぜなら、妊娠前の状態に戻るので、家庭用脱毛器の脱毛効果を体感することができるからです。

それでも、産後においてムダ毛に悩まされる場合は、電動シェーバーを使ってムダ毛処理するのがお勧めです。

電動シェーバーは、刃の衛生管理をきちんと行うことと肌の保湿をきちんと行うことで、肌を傷つけることなくムダ毛処理することが可能となります。

その上、電動シェーバーは産後からあまり日が経ってなくてもホルモンバランスの影響を受けないので、産後の自己処理に最適な方法です。

脱毛サロンの勧誘の断り方で今日中に連絡をするというのは効果的

脱毛サロンの勧誘を上手く断る

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘を受けたときには、基本的には即決はしない人が多いと思いますが、脱毛サロン側としてはできればその場で決めてほしいと思っていると思います。

しかし、ある一言を言うと、その場で決めてほしいという気持ちがどこかへいってしまう可能性もあります。

それは今すぐには決められないけど、今日中には決めて連絡をするということです。

スムーズにその場を終わらせる

これを言うと、スタッフとしても今日中にちゃんと連絡がくるならば、待ってみようと思えるはずなのです。

そうなれば、今日中に連絡がくるならば、これ以上無用な勧誘を辞めようか?と、そういう気分になってくれるのではないでしょうか?

そういう心理面を読んでおくと、脱毛サロンの勧誘に対してスムーズにその場を終わらせることができて、断るというか、後回しにできます。

そして、家に帰ってから改めて断りの連絡を入れるとか、そういったことをすれば良いと思います。

だから、この方法はその場で断るのではなくて、時間差をつけて家に帰ってから断るという方法になりますが、その場に自分がいると相手もしつこく付きまとってきて、なかなか帰るタイミングが見つけられない場合もありますけど、電話の場合には相手がしついこい場合には電話を切るということもできますから、結構有効な方法なのではないか?と思います。

アンダーヘアの脱毛はエステサロンなどプロに依頼した方が確実に行えます。

アンダーヘアを脱毛する

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアに関しては水着を着用する夏場はもちろん、エチケットとして年中処理をしたいという人も多いものです。しかしアンダーヘアは他の部位と違ってお肌がかなり敏感である上に、自宅で脱毛クリームなどの薬品を用いることは粘膜部分を痛めることにつながるので不可能です。

最もお肌に負担の少ないとされるのがかみそりを使用して処理する方法ですが、アンダーヘアは太目であることから処理をしても毛穴から先端部分が見えてしまいがちで見た目もよくないことが多いです。その上伸びてきた時に下着と接触して痛みを感じてしまうこともあり、アンダーヘアの処理方法としてはあまり適したものではありません。さらにムダ毛の根っこから脱毛が可能な家庭脱毛器はアンダーヘアでも比較的きれいに処理が可能ですが、部位的に自分で処理を行うのは難しく使用方法を誤ると皮膚のトラブルを起こすこともあるため、使用に慣れていない人では避けた方が無難です。

プロのもとで脱毛を行う

アンダーヘアの処理方法として最も適しているのは、エステサロンなどのプロのもとで脱毛を行うことです。プロによる脱毛は方法にもよりますが、永久脱毛のように一度脱毛の施術を受けたら永久にアンダーヘアが生えなくなるというメリットがあります。さらに医療機関で脱毛を受けた場合は、仮に施術で皮膚などにトラブルが起きたとしても医師が常駐していることからすぐに何らかの対処をすることが可能であり、安心して施術を受けられるようになっています。

ワキガになる原因とクリニックでの脱毛によりワキガを改善できる理由について

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
ストレスを感じることで、脇にある汗腺となるアポクリン腺から分泌される汗の量が増えます。

そのため、エクリン汗腺から出る汗と混じりやすくなるので、ストレスによってワキガになるリスクを高めることになります。

その上、ストレスを抱え続けるとアポクリン腺に刺激を与え続けることになるので、ワキガの臭いが強くなる原因になります。

そして、汗をかく量が増えると脇毛に雑菌が多く繁殖するので、脇毛に異臭を放つ成分が多くつく影響によりワキガが悪化します。

けれども、脇毛はアポクリン腺と一体化している毛となるので、脱毛施設での脱毛を受けることでワキガの臭いを抑えることができます。

脱毛効果の高いクリニックでの脱毛がお勧め

サロンより脱毛効果の高いクリニックでの脱毛を受けるのがお勧めとなります。

なぜなら、クリニックで行われるレーザー脱毛は、サロンでの光脱毛より脇毛を生えにくくする効果を早く実感することができるからです。

また、レーザー脱毛を受けることで脇毛の毛根を破壊できるので、脇毛に絡んだ汗から発する臭いを完全に治すことが可能となります。

そして、ワキガによってストレスを抱えている場合は、ワキガの改善によってストレスを発散できるので、汗をかく量を抑えることもできます。

ちなみに、レーザー脱毛は光脱毛より肌に痛みを伴いますが、ニードル脱毛より痛みを抑えることができます。

なので、ワキガの臭い改善のために脱毛施設に通う場合は、効果の高さで選ぶならクリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。