脱毛コラム

腕脱毛をやってみたい女性に

夏を迎えて肌の露出が増えると、女性の悩みのもとになるのがムダ毛です。
特に半袖やノースリーブを着ていると腕がむき出しになり、そこに生えた毛を気にしてしまいます。

恥ずかしい思いをしないためには日頃からの自己処理が欠かせないのですが、腕は面積が広いこともあってかなり面倒なものです。

おまけにムダ毛の自己処理を続けていると肌トラブルが生じがち。カミソリや毛抜きで剃ったり抜いたりしていると、埋没毛、黒ずみ(色素沈着)、ブツブツなどの症状が起こりやすくなり、肌のコンディションも悪くなってしまいます。

あまりの面倒臭さに、

「いっそのことサロンやクリニックに行こうか……」

と思ってしまう女性も多いでしょう。でも脱毛初心者にとって、契約した上でサロンやクリニックに通うというのはかなり億劫なものです。

「完了するまでの施術回数は?」
「痛みが激しいって聞いたけど本当なの?」
「全部で費用はいくらくらいかかる?」

これらの疑問のせいで中々施術に踏み切れず、結局は脱毛と無縁のまま自己処理を継続している、という女性も少なくありません。

そこで、腕脱毛の料金や効果などの詳細について紹介し、脱毛初心者の疑問を解消してみることにしました。

このページの情報が、腕脱毛を考えている女性の一助になれば幸いです。

腕脱毛のメリットはなにか?

サロンやクリニックに通い、専用マシンを使って脱毛することには、予想以上のメリットがあります。

第1のメリットは、もちろんなめらかで美しい肌が得られること。

「そんなのマシンに任せなくても、自己処理で手に入るのでは?」と思われるかも知れません。しかし、毛抜きやカミソリで抜いたり剃ったりしていると、どうしても仕上がりが汚くなります。
特に毛が太い人だと、毛穴のブツブツが強調されることになりがちです。

サロンやクリニックでマシンを使って施術を受けると、仕上がりが全然違います。驚くほど肌がなめらかになるので、半袖やノースリーブで外に出ても人の視線が気になりません。むしろ、「肌を見せびらかしたい」と思うかもしれません。

そして次のメリットは、新たに自由な時間が得られる、ということ。

どういうことかというと、脱毛が成功するとムダ毛は伸びてきません。そうすると、これまで自己処理に使ってきた時間が余るので、その分ヒマができる、ということです。

「その代り、わざわざサロンやクリニックに行かなければならないのでは?」という意見もあるでしょうが、施術に通うのは2ヶ月に1度程度です。しかも施術のときはただ横になったり座っているだけなので何の苦労もいりません。
それだけでムダ毛の悩みが解決されるのですから、脱毛の価値はかなり高いと言えます。

また、自己処理に伴う肌トラブルがなくなる、という点も大事なところです。肌のみずみずしさを保つ上でも、専用マシンによる脱毛には大きな意味があります。

腕脱毛の平均料金はどれくらいなのか?

脱毛に行くかどうか迷った時に、まず知りたくなるのはその費用でしょう。

業界でも大手のサロンやクリニックのサイトで腕脱毛の料金を調べ、その平均を出してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という結果でした。

これだとサロンで脱毛するのが安上がりなわけですが、医療クリニックも無駄に高額な施術料金を取っているわけではありません。
やはりそれだけの長所はあります。

サロンとクリニックの差についてはこの後のセクションで紹介しているので、それを参考にして下さい。

脱毛はどのような形でおこなわれているのか?

脱毛の歴史は古く、その方法にも様々な変遷がありました。

昔よくおこなわれていたのは「美容電気脱毛」(「ニードル脱毛」)という方法です。これは毛穴に特殊な電気針を突き刺し、毛根を焼いていくというもの。

発毛を阻害するという点では非常に効果があるのですが、なにしろ針を使うわけですからどうしても痛みをともないます。
時間と手間がかかるということもネックとなって廃れてしまい、今では一部の医院で使われているだけです。

現在最もポピュラーなのは、レーザー系の特別な光を使った方法。光を熱に変化させて毛根の発毛機能を損ない、ムダ毛が生えるのを防ぎます。

サロンでは、フラッシュ脱毛と呼ばれる方法がメインとなっています。IPL(インテンスパルスライト)という光を肌に当て、メラニン色素を含有する皮脂腺開口部、毛母細胞、毛乳頭などにダメージを及ぼします。

IPLはパワーが弱めで、施術の終了までにかなりの日数がかかります。
ただ、その分費用も安上がりで、痛みも軽い、というメリットがあります。

一方、医療クリニックでよく使われるのはレーザー脱毛。それぞれ波長が違うアレキサンドラライト、YAG、ダイオードといったレーザー光をムダ毛に当てますが、いずれもパワーは猛烈で、発毛組織を完璧に破壊します。

痛みが激しいのが欠点ですが、脱毛を短期間で終わらせることが出来ます。

サロンとクリニックはどう違うのか?

サロンとクリニックの違いとは何でしょうか?

2つの違いをいくつか上げてみると——

脱毛サロン

・フラッシュ脱毛をおこなう
・抑毛、減毛効果がある
・施術の料金が安い

医療クリニック

・主にレーザー脱毛をおこなう
・永久脱毛が可能
・サロンより施術費が高い

となります。

さらに細かくあげていくと、クリニックの方がパーツによっては安い場合があったり、クリニックでは施術する人が必ず医師である、といった差もあります。

これらの点を考慮すると、「料金は高額だが永久脱毛ができるクリニックがいい」という気がします。

ただ大都市圏ならともかく、脱毛クリニックというのは数が少なく、もし近くに医院がない場合はサロンに行くしかありません。

でもサロンの中にも、脱毛完了後にムダ毛が再生すれば、いつまでも施術が続行できるプランを設けているところもあります。そこなら永久脱毛するのと変わりません。

また毛が薄い人ならサロンでも十分な脱毛効果が得られるので、わざわざ高い料金を払ってクリニックに通う必要もないのです。

サロンかクリニックか、自分の毛質と料金をハカリにかけて決めるべきでしょう。

選ぶなら月額プラン

腕は施術する面積が大きく、脱毛の終了まで時間がかかりがちです。

また個人の体質(「毛の量が多い」「剛毛である」「毛根が熱に強い」など)によって、回数も予定より増える場合があります。

というわけで、回数制のプランを選ぶと追加で施術を受けるハメになり、考えていた以上のお金がかかることも珍しくないようです。

施術回数に関して不安な人は、最初から月額制のプランを契約した方がいいでしょう。
高額なのでイヤだと思うかもしれませんが、結果的に回数制でなくてよかった、という人が多いのです。

幸い、完全月額制の店も増えています。ぜひそれらのサロンで安心して施術を受けましょう。

施術での痛みはどの程度なのか?

サロンやクリニックと契約し、いよいよ施術を受けるとなると、不安を感じるのが光の照射時の痛みです。

さすがに現在の光脱毛やレーザー脱毛では、以前おこなわれていた電気バリによる施術ほどの痛みはありません。

ただ、完全に無痛というわけにはいかないようです。ネットでの口コミを見てみると、まずサロンの方は——

「ワキなどの毛が濃いところを施術してもらった時に比べると、腕はそれほど痛みを感じません。ただ、多少チクチクはします」

「フラッシュ照射の瞬間だけチクっとした刺激を覚えましたが、痛いと感じるほどではありません。それも、施術回数が多くなるにつれて軽くなっていきました」

というような意見が目立ちました。

部位で言うと、ヒジに関して、チクチクとした痛みを覚える人が多いようです。

ただ、サロンで脱毛した人のほとんどが「通っていくうちに全く刺激を感じなくなった」と答えています。回数が10回以上になると、チクチクというよりカユミくらいの程度になった、という人もいました。

一方、医療クリニックの方ですが——

「思った以上に痛みを感じました。特に毛の濃いヒジ下は痛みが強くて、思わず顔をしかめてしまったほどです」

といった意見が多く見られます。

痛みの程度についてですが、「強く輪ゴムではじかれたような」と形容する人から、「瞬間的にムチで打たれたようでかなり激しかった」と答える人まで色々です。これは個人の体質や脱毛で使われる機器によって変わってきます。

いずれにしろ、クリニックではかなりの痛みを覚悟しなければなりません。
もし痛みを絶対に避けたいという人は、サロンで施術してもらうか、あるいは麻酔を使えるクリニックを選ぶべきでしょう。

「通い放題」で脱毛効果を維持しよう

脱毛が完了するまで、クリニックなら平均で5回、サロンなら12回以上も施術に通い続ける必要があります。

しかも脱毛が完了したからと言って、もう施術とはおさらば、というわけには行きません。

実はサロンにしろクリニックにしろ、施術したらムダ毛がずっと生えなくなるというわけではないのです。

まずサロンでの施術では、毛根は破壊されずにただ発毛機能が弱められるだけです。

そのため、ある程度時間が経つと、再びムダ毛が伸びてきてしまいます。

また、クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」ということになっていますが、これも「ムダ毛の再生確率が低い」というだけで、必ず毛が生えない、と保証されてはいません。

つまり、せっかく施術してもらったのに、それが全く無駄になる可能性もあるわけです。

そんな事態を避けるためには、毛が再生したケースに備えて、脱毛完了後もアフターケアしてくれるプラン、つまり「通い放題」を選ぶべきです。

これならサロンやクリニックがなくならない限り、半永久的に施術に通うことができます。

おすすめしたいサロンとクリニック

腕脱毛で定評のあるサロンとクリニックを、それぞれあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

銀座カラーは、ネットでも「すぐに脱毛効果が実感できる」「予約が入れやすくて早く完了できる」「施術がスピーディ」などの口コミが寄せられている人気店。

ここでは、通い放題プランが単独のパーツに設けられています。

通い放題の全身脱毛コースなら他のサロンにもよくありますが、腕だけでも通い放題というのは銀座カラー最大の特徴です。

また「学割」はもちろん、「のりかえ割」「祝割(誕生日・成人・結婚)」などのディスカウントがあり、大変お得に脱毛ができます。

レイビス

「TOKYO BDC」から名前を変更したレイビス。25年以上の歴史を持ち、脱毛業界の老舗として有名です。

オススメしたいのは「腕全部セット 脱毛し放題」というプラン。
「ヒジ下」「ヒジ上」「ヒジ」「手甲指」の4部位を自由に脱毛できます。

また完全月額制ということで、通えば通うほどお得になる点も助かります。

ミュゼ

ミュゼは顧客数が334万人を越えている他に、店舗数、売上、満足度においても業界のトップに君臨するサロン。

ここの目玉は、公式アプリをダウンロードすればディスカウントしてくれる、という点です。

それも4回以上の全コースが50%ダウンになるという驚くべき割引率です。

例えば、フリーセレクト美容脱毛コース(Lパーツ。ひじ上と両ひじ下が4回ずつ施術可能)など、アプリをダウンロードするだけで48,000円が24,000円になります。

また、イタリアのDEKA社のSSC脱毛機を導入していて、痛みなしの施術をおこなってくれます。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

こちらは顧客の80%が契約している「し放題コース」がオススメ。クリニックとしては非常に珍しい通い放題プランです。

湘南美容クリニック

やたらにテレビでCMを流しているため、名前だけは知っているという人も多いでしょう。分院が各地にあるため、地方に住んでいる人にもおすすめです。

リゼクリニック

腕セットが設けられていて、腕脱毛希望者にはとってはありがたいクリニックです。

また脱毛完了後も通常の50%という料金で継続施術ができるので、ムダ毛が再生した場合など助かります。

以上腕脱毛について、費用、サロン・クリニックの違いなどを解説してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、腕脱毛を受けてみて下さい。
脱毛が完了すれば自己処理が不要となり、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

顔脱毛でさらに美しさに磨きをかけよう

顔脱毛でさらに美しさに磨きをかけよう

顔は人間の体の中で最も”雄弁”なパーツ。
生き生きと精彩を放ち、他人を惹きつけるという点で、他の部位とは比較になりません。自分のキャラクターが露骨に現れる「人間性の窓」とも言えるだけに、その見栄えを気にするのも当然と言えるでしょう。

ところで、日頃から肌の手入れを念入りにしていると、「邪魔だなあ」とつい感じてしまうものがあります。

それは鼻、頬、フェイスラインなどに生えている産毛——。

特に鼻の下に生えているものなどは、光線の具合によってヒゲに見えることもあります。
気になるのでカミソリなどで自己処理するのですが、肌にどうしても負担がかかり、下手をすると黒ずみなどの症状を起こすことも……。

普段から美へのこだわりを持っている女性にとっては、とにかく産毛は厄介な存在です。

こんな悩みを解消しようと、最近は思い切って脱毛に挑戦する人も増えてきています。

昔、顔脱毛は料金がリーズナブルとはとても言えませんでした。
ところが近年は新しい脱毛技術もあって費用もディスカウントされ、手軽に施術できるようになっています。

とはいっても、今までサロンと無縁だった人にとって、店と契約した上で施術に通うというのは何となく尻込みしたくなるものです。

そこで、顔脱毛に関する知識を提供し、サロンの選び方などについても紹介してみることにしました。

このページの情報が、脱毛しようか悩んでいる人の一助になれば、と思います。

現在、脱毛の施術のやり方は?

顔脱毛の情報を述べていく前に、まず現在の脱毛がどのようなものなのか、簡潔に説明しておきましょう。

昔、脱毛の施術というのは、特殊な電気針(プローブ)を使ってムダ毛の毛根を焼き切る「美容電気脱毛」が一般的でした。

これは脱毛効果においては非常に優れていますが、何しろ針をひとつひとつ毛穴に刺していくわけですから、かなりの痛みを伴います。おかげで、「脱毛は痛い」というイメージが一般に流布してしまいました。

現在では「時間がかかりすぎる」という理由もあってこの美容電気脱毛は廃れ、レーザー系の光を肌に当てるという、はるかに手間のかからない方法が主流となっています。

サロンで用いられている光(フラッシュ)は「インテンスパルスライト(IPL)」が1番ポピュラーです。

このフラッシュは、黒いメラニン色素を含んでいる毛根部分に到達すると熱エネルギーに変わり、毛乳頭、毛母細胞などの発毛組織に大きなダメージを与えます。

もともとIPLというのは、エステで肌トラブルの治癒のために使用されていた光。脱毛用に流用された後でも毛穴やシミなどのケアに効果を発揮するので、施術を続けるうちに肌のコンディションも改善されてきます。

また最近では、IPL以外にもSHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法といった方式が開発され、サロンによって施術方法が選べるようになってきました。

それぞれの方式には特色があるので、その詳細をチェックした上でどれにするか選ぶのがいいでしょう。

施術できる箇所がサロンによって違うって本当?

顔脱毛で注意したいのは、施術できる部位が各サロンによって違う、ということ。

ある脱毛に関するアンケートによれば、利用者の施術希望箇所ベストスリーは、眉間、鼻の下、アゴということですが、これらも脱毛できるかどうかはサロン次第です。

たとえば、有名サロンに限っても——

ジェイエステ……フェイスライン、目元、頬、鼻下、口周り、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ミュゼ……鼻下、顎

と、施術箇所はサロンによってバラバラです。

ということで、「顔脱毛にも対応」と店の宣伝に書かれていたとしても、こちらの施術希望部位を脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかく店までやってきたのに「そこは施術不可です」などと言われるとガッカリしますので、事前に施術できる部位についてチェックしておきましょう。

平均的な顔脱毛の料金はいくらぐらい?

料金はいくらぐらいなのか?——

顔脱毛のことを考えた時、初心者の頭にまず思い浮かぶのはそのことでしょう。

有名サロン20社のデータにしたがって平均の料金を出してみると、「41,033円」という金額になりました。

これが果たして高いのか安いのか——。その答えは、その人の脱毛への熱意によって異なるでしょう。

ちなみに顔脱毛の施術はサロンに限らず、医療クリニックでも可能です。

こちらも平均料金を計算してみたところ「131,325円」という額に——。

つまり医療クリニックの場合、サロンの3倍以上の料金が必要になるわけです。

さすがに13万円を超えるとなると「高いなあ……」と思う方がいるかもしれません。

ただクリニックには大きなメリットもあります。ムダ毛が一生生えてこない「永久脱毛」が可能で、これはサロンではやれない施術です。

サロンかクリニックか、迷ってしまう人もいるでしょう。
効果と料金のバランスを考慮し、自分の希望に沿う方にして下さい。

初心者にもってこいの「お試しコース」

サロンでは様々なお得プランを広告などでアピールしていますが、初心者に推薦したいのは何と言っても「お試しコース」です。

これによってその店の技術、接客態度、サービスなどをチェックし、その後で長期のプランを選ぶのがベスト。

なお、お試しの申し込みは、店に直接電話するよりネットで行いましょう。まず行きたいサロンのサイトを開き、条件や料金を細かく見た上で手続きします。

その後は、申し込み時に決めた日に店に出かけます。

最初、必ず受ける必要があるのがスタッフによるカウンセリングです。料金はほとんどのサロンで無料となっていますから安心。

内容は、いくつかのプランの説明、こちらの希望条件・部位の聞き取り、そして脱毛に関するガイダンスなど。ちょうどよい機会なので、

「脱毛はどれくらいの期間で完了するのか?」
「店で採用している光脱毛器の種類は?」
「ここで永久脱毛は可能なのか?」

など、細かく訊ねてみましょう。

初日に関しては、このカウンセリングだけで終了。施術の方は、予約した上で後日受けることになります。

施術の時は——

・接客態度はしっかりしているか?
・施術に痛みはともなうか? その程度は?
・術後の保湿ケアに気を配っているか?

などの点をしっかりチェックしましょう。

これで問題がなければ、そのまま長期のプランを契約すればいいですし、不満があればそのまま終了。後者の場合は他のサロンをチェックし、また「お試し」に出かけることになります。

最近はサロンの数もずいぶん増えているので、自分に合った店に必ず出会えるはずです。

顔脱毛なら「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で評価の高いサロンを2つ紹介します。

まずは、渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるといった有名タレントのCMで有名な「キレイモ」。

ここの顔脱毛の利点は、他のサロンよりも施術可能な部位が多いところ。他店では満足が得られず、わざわざキレイモで脱毛し直す女性までいます。

続いて推薦するのは、「ジェイエステティック」。

ここで一番ポピュラーなのは「フェイス6」というプラン。料金が1回あたりわずか2,500円というのですからビックリです。「なるべく安価に顔脱毛したい」という女性には最適。

またヒアルロン酸のジェルを使っていますから、施術中に乾燥してしまった肌をしっかりとケアしてくれます。

「店の数が多すぎて、どこを選べばいいのか悩んでいる……」という人は、ぜひこの2つのサロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本的な情報をお届けしました。

これ以降は、サロンに通う間に生じがちな疑問点や、施術で注意すべきポイントを紹介していきましょう。

歯の治療中でも脱毛は可能?

脱毛というのは思った以上に日数がかかります。サロンに数ヶ月通い続けるのは当たり前なので、その期間中、歯の治療を受けに行く人もいるでしょう。

その場合、歯の治療と脱毛を同じ週に行なうこともあるかもしれません。
施術では強い光を照射するわけですから、何か問題が起こらないのか気になってしまいます。

実際にサロン側に訊ねてみたところ、「通常の歯の治療なら大丈夫」とのこと。

ただ、歯医者でもらう痛み止めについては、用心しなければなりません。

脱毛の施術では、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こります。これは光によって、むくみ、かゆみ、あるいは水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、この症状を引き起こす成分が痛み止めに配合されていることがあり、うっかり飲むと施術ができません。

過敏症にならないためにも、痛み止めを摂取したら必ず申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯の場合、施術によって痛みが激しくなることもあります。それが嫌だという人は、口付近の施術は避けるようにしましょう。

また、歯列矯正中は矯正器具に光が反応してしまうことがあります。矯正器具をつけているときは、口付近の施術はやめた方が無難です。

ただ、器具がプラスチックやセラミック製だと、問題なく施術できます。

このように施術の条件は複雑なので、必ずスタッフと相談しながら脱毛して下さい。

ニキビのせいで施術できない?

脱毛の施術というのは体調に影響を与えることもあるため、色々と受ける時の条件が決められています。

たとえば肌が異常に乾いていると施術不可ですし、意外なことにムダ毛が処理されていない場合も施術は後回しになります。

では肌にニキビがある場合はどうでしょうか?

サロンに質問してみると、大抵の店で施術可能でした。

というのも光脱毛器で使われるIPLという光は、発毛組織に大きな損傷を与えるだけで、ニキビには害を与えません。施術しても別に問題は発生しないのです。

ただ炎症の具合が進んでいる時は、IPLを照射することで多少症状に影響を与えることがあります。
施術するかどうかは、炎症の様子を見て決めて下さい。

脱毛によってシミやそばかすができるの?

現在、主流となっている脱毛方法は、メラニン色素に反応するレーザー系の光を肌に直接当てるというもの。

「肌にそんな光を照射したら、日焼けした時のようにシミやそばかすができるのでは?」と不安を覚える女性がいるかもしれません。

確かに太陽による日焼けは肌トラブルの原因となります。
脱毛で使われるIPLという特殊なライトも光度が大きいので、つい紫外線と同じ様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし上で述べたように、光脱毛機は美肌効果のために使われてきた歴史があります。肌に対して損傷を及ぼすものではありません。

「でも『脱毛をやったせいで、顔にシミができた』という口コミをネットで見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

このことについては、2つの理由が考えられます。

まず、肌の深い層に潜んでいたシミ予備軍が、ターンオーバーによって肌表面に出てきた、というもの。

施術にともなって新陳代謝が促進され、深層にあったシミが表面に出てくることは珍しくありません。

ただ、大抵のシミはターンオーバーが進行すると消えてしまいます。

あと施術のせいで潤いが不足した肌に小さな傷がつき、それが痕になってしまう場合。これをシミだと誤解する人がいます。

こんな事態を起こさないためには、保湿ケアが重要。
施術後は水分をたっぷりと肌に与えましょう。

ともかく、脱毛が原因で傷やシミが残るわけではありません。安心してサロンに通って下さい。

サロンへ施術に出かける時、メイクはNG?

顔脱毛のためにサロン通いを始める際、女性にとって不安に思うことのひとつは、

「メイクなしで店に行かないといけないのか?」

ということ——。

スッピンでも人前に出られる10代の女の子なら、もちろん問題はないでしょう。しかし、身だしなみとしてメイクが欠かせない大人の女性にとって、素顔のままでサロンまで出かけるというのは結構イヤなことです。

先に結論を言っておくと、サロンに出かける際はメイクしていても問題ありません。

実はサロンには専用ブースが用意されていて、施術前にちゃんとメイクを落とせます。
しかも店の中には、スタッフが無料で化粧をオフしてくれるところもあります。

ただ、いくら設備がそろっているとしても、あまりに濃い化粧をしていくと、それを落とすのに時間がかかってしまいます。

やはり化粧は薄めにし、オフに要する時間が少なくなるようにしましょう。

いかがだったでしょうか? 顔脱毛の情報や疑問点、そしてオススメしたいサロンについて色々と書いてみました。

ぜひこのページの情報を参考に、サロンと契約して顔脱毛に挑戦して下さい。
施術を重ねるにつれ、肌のコンディションも以前より改善されていくはずです。

ワキ脱毛をやってみたい

ワキ脱毛をやってみたい女性に

夏になって肌の露出が増えると、女性の悩みのタネとなるのがムダ毛です。
特にノースリーブを着ているとワキの下が無防備になり、腕を上げるのもちゅうちょしてしまいます。

恥ずかしい思いをしないためには普段からのムダ毛処理が欠かせないのですが、毎日行うとなるとかなり大変なものです。

おまけにムダ毛の自己処理をしていると肌トラブルが起こりがち。
毛抜きやカミソリを使っていると、黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛などの症状が生じやすくなり、かえってワキのコンディションも悪くなってしまいます。

あまりの大変さに、

「いっそのこと脱毛サロンに行こうか……」

と考えてしまう女性も多いでしょう。でも未経験者にとって、契約した上でサロンに通うというのはかなりハードルが高いものです。

「どれくらいの期間、施術する必要があるの?」
「完了するまでの回数は?」
「痛みが結構あるって聞いたけど……」
「全部で料金はいくらかかる?」

これらの疑問のせいで中々脱毛に踏み切れず、結局はサロンとは無縁のまま自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の料金や効果などの詳細について説明し、脱毛初心者の疑問を解決してみることにしました。

このページの情報が、脱毛を考えている女性の助けになれば幸いです。

そもそも「脱毛」ってどんなもの?

ワキ脱毛について紹介していく前に、そもそも脱毛というのはどういうものか、簡単に説明していきます。

実は脱毛サロンや医療クリニックで施術の対象となるのは、肌の表面に出ているムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、皮膚の奥に隠れている毛根部分なのです。

思い違いしている人もいますが、毛根を施術の対象にするといっても、手作業で毛根を一本一本処置するわけではありません。確かに昔はそんな原始的な方法を取っていましたが、現在では効率の良さが図られ、特別な光を肌に当てることで毛根にアプローチするようになっています。

その際に使われるIPLやレーザーといった光は、肌には影響を与えず、黒いメラニン色素だけに反応する性質を持っています。
ムダ毛のある肌に当てると、肌を素通りして毛根部分で熱エネルギーに変化。毛母細胞、毛乳頭など、発毛を司る組織に大きなダメージを与えます。

脱毛というのは古代文明の時代から行われていたのですが、この方法はコペルニクス的な発見でした。

おかげで脱毛は手間と費用の両方で手軽なものとなり、近年は脱毛人口も急増。VIOといった特別な部位を処置してもらう人も多くなっています。

いろいろな部位がある中で、ワキは最もポピュラー。
初心者の大部分がまず施術してもらうところです。

やはり冒頭に述べたように夏になると露出が増えますから、「ムダ毛処理をするならまずワキから」と考える人が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中しているだけに汚れや老廃物が他の部位よりも溜まりやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)も起こりやすくなっています。

コンディションの良い状態を保つためにも、トラブルを伴う自己処理は止め、早くワキ毛を脱毛してもらいましょう。

気になる施術回数、料金、痛みの有無は?

脱毛とはなにか、そしてなぜワキ脱毛がおすすめなのか、お分かり頂けたでしょうか?

中には「今すぐにサロンに通いたい」と焦る人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロン通いをするとなると、以下のような諸点が気にかかると思います——

・施術はどれくらいの回数必要なのか?
・料金は全部でいくらかかるのか?
・施術時の痛みはどれほどのものか?

これらのポイントについて、順番に説明していきましょう。

まず施術回数です。脱毛の施術というのは、1回や2回では効果がありません。ムダ毛を根絶やしにするには毛周期の関係もあり、長い施術期間が不可欠です。

特にワキは太い毛が密集している厄介な部位。毛根も深い場所にあるので、他の部位よりも施術に手間がかかると言われています。

もちろん体質などによって違いがあるのですが、脱毛が完了するまで12回から18回はかかる、と考えておいた方がいいでしょう。

続いて料金について。

脱毛の費用については、サロンによってかなり違いがあるようです。たとえば古くからお金持ちの顧客を抱えている高級サロンの中には、短時間の施術でも高額な料金を請求するところもあります。

ただ、ワキ脱毛については初心者向けのコースが多く、一般に値段は安め。

「その中でも特にリーズナブルな店はないか?」と思ってネットで調べた結果、ぜひおすすめしたい店を見つけました。

それは全国展開をしているチェーンサロン「ミュゼ」。広告などで名前を知っている人もいるでしょう。

オススメなのは、特に人気を博している「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円! 缶ジュース並みの値段で脱毛ができるのですから驚きです。

これほど安くで施術してくれるところはミュゼ以外にはありません。脱毛初心者には最適と言えます。

そしてミュゼのメリットは他にもあります。

実は、サロンでのフラッシュ脱毛というのは毛根が高熱にさらされるため、どうしても痛みを感じます。ミュゼはそれが軽くなるように企業努力をしているのです。

具体的に言うと、他のサロンの大部分がIPL方式の脱毛機を使っているのに対し、ミュゼは最新型のSSC方式の機器を使っています。

IPL方式で使用されるのはキセノンランプ。そこからインテンスパルスライトを肌に照射します。

一方、SSC方式で使用されているのはクリプトンライトです。

キセノンランプはそれ自体が脱毛効果を発揮しますが、クリプトンライトの場合、光だけでは効果がありません。

ではどうして脱毛するのかというと、肌に専用のジェルを塗ります。

その上で塗った箇所にクリプトンライトを照射すると、そこの毛根が損傷を受けるのです。

SSC方式の第1の特徴は、光のパワーを抑え気味にしても脱毛効果がある、という点。ジェルと組み合わせることで脱毛するため、高熱にする必要がありません。したがって痛みも少なくてすむのです。

「痛みがあると聞いているので脱毛はイヤ」という女性もいるようですが、ミュゼのSSC方式なら痛みはほとんどありません。

ワキ脱毛を成功に導くには?

「ミュゼなら格安で痛みもなし」と説明しましたが、近所にミュゼの店舗がない場合もあります。
そんな時は、他のサロンを選ぶ必要があります。

ただ、今は脱毛ブームといえる状況で、新規サロンの数が増えています。あまりにも店舗が乱立していて、初心者はどこが1番いいのか困ってしまうでしょう。

また、それらのサロンは大々的にキャンペーンを行っているのですが、これもプラン内容が複雑で、どれがリーズナブルなのかよく分かりません。

そこでサロンを選ぶ際、注目すべき点を3つあげてみます。

施術可能回数が一桁のプランは無視する

まだまだ脱毛について知らない人が多く、たとえば1、2回施術するだけでその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんこれは誤解です。1、2度程度の施術では、毛を根絶やしにすることなどできません。
確かに施術後10日〜1ヶ月経過するとツルツルの無毛状態にはなりますが、さらに時間が経つとまたムダ毛が再生されてしまいます。

ムダ毛が生えないようにするには、IPLやレーザーといった光を数ヶ月〜数年、定期的に当て続ける必要があります。

しかもムダ毛が密集しているワキのような部位は、12回から18回の施術が不可欠なのです。

というわけで、施術回数が少なすぎるプランを契約してしまうと、結局は追加施術をしなければいけません。そうなると高いプラン以上の料金が必要になるでしょう。

安く脱毛するためには、いくら安価でも回数の少ないプランは無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにして下さい。

契約する前に返金制度や施術期限を確認する

ワキ脱毛を完了するには、最低3年はサロンに通い続けることになります。

しかし一旦契約したものの、施術を続けていると色々と不満が出てきて、契約を打ち切りたくなる場合もあるでしょう。

契約を中途で解約するとなると、サロンの方では当然イヤな顔をします。また、施術回数が相当残っているのに、返金がほんのわずか、というところもあるようです。

嫌な目に会わないためにも、中途で解約する可能性がある人は解約条件についてあらかじめ聞いておきましょう。

またサロンによっては、契約日から一定日数が経過すると施術そのものが不可になる、というところもあります。その点も事前にキチンと調べておかないと、後で悔しい思いをします。

いずれにしても「ワキ脱毛には時間がかかる」ということを考慮し、回数や施術期間に余裕のあるサロンを選びましょう。

施術後のケアも大事

ワキの見た目を良くするにはムダ毛処理だけではなく、黒ずみなども積極的に改善したいものです。

そのために重要なのは、肌の潤いをしっかりと保つこと。

上で述べたように、施術中、毛根は高熱によるダメージを受けるため、その周辺の毛穴や肌も乾燥してしまいます。

脱毛サロンにはワキのケアのため、施術後の保湿サービスをしっかり行っているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの脱毛方法

ワキ脱毛はサロンだけでなく、医療クリニックでも行われています。

2つの間にはどんな違いがあるのでしょう?

実は両方とも脱毛の原理そのものは同じです。

施術では、黒いメラニン色素だけに反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接当てます。そして、毛母細胞、毛乳頭といった発毛機能を備えた組織にダメージを与えるのです。

原理が同じなら効果は同じか、というと、その点でハッキリと違いが出てきます。

レーザー光の威力は強烈で、サロンのIPLとは比べ物になりません。毛根の組織は完全に破壊されるため、ムダ毛が一生生えてこない可能性が高まります。

また脱毛完了までサロンでは10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛の場合は数回ですんでしまいます。

もし「なるべく短い期間で施術を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を選んだ方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安いのか?

ワキ脱毛は他の部位に比べて料金が格安です。そのせいか、最初の脱毛部位としてワキを選ぶ初心者が多くなっています。

では、なぜワキ脱毛は安いのでしょう?

まず考えられるのは「元々ワキが狭い部位だ」ということ。

脱毛の料金というのは面積に応じて決めることが多く、その点でワキはリーズナブルなパーツなのです。

そして次に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を選ぶため、「その料金を下げることで、さらに多くの客をひきつけられる」とサロンが考えているのです。

いずれにしてもワキの施術は手軽です。サロンの脱毛技術もすぐ分かるので、まずワキから施術を始めるのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果に満足できない時は?

サロン通いを続け、ワキ脱毛が完了。でも、その効果に満足できない——。

そんな時、そのまま施術を続けることもできますが、追加料金が結構かかります。

あるいは今のサロンから他店に乗り換えるのもいいでしょう。
ただ、最初のカウンセリングからやり直す必要があるため、時間と手間がずいぶんムダになります。

そんな事態を避けるためには、とにかく施術期間と回数に余裕を見ておくことが肝心。できるだけ最初に「施術回数が無制限」のサロンを選ぶ方が無難です。

脱毛するとワキ汗が増えてしまう?

最後に脱毛完了後の”ある噂”について、言及しておきましょう。

実は「ワキ脱毛」でグーグル検索すると「脱毛した後、ワキ汗の量が増えた」という感想がいくつか見受けられます。

こんな現象が実際にあるのでしょうか?

答えを先に言うと、こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と思い違いをする人は確かにいるようです。

ネットで調べてみると、その理由は——

「ワキ毛が処理されたために、それまでせき止められていた汗が肌を伝うようになり、汗の量が増えてしまったと勘違いする」

ということのようです。

つまり感覚の問題にすぎず、汗の量が本当に増えたわけではないのです。

しばらくすると汗が伝うのにも慣れてしまい、違和感も感じなくなるでしょう。

以上、色々なポイントから、ワキ脱毛に関する知識やサロンの選び方について述べてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参照し、気に入ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛がうまく処理できれば他人の視線も気にならなくなり、肌の状態もきっとキレイになっていくはずです。

おすすめの脱毛器

ちょっとした脱毛ブーム

おすすめの家庭用脱毛器は?

今はちょっとした脱毛ブーム。繁華街には何軒もの脱毛サロンがオープンし、顧客を得ようとしのぎを削っています。

ただ「サロンに通いたいけど、費用と時間がかかるのがイヤ」という人も多いでしょう。

実は最近、自宅でサロン並みの効果が得られる脱毛機器がいくつか発売されています。

そんな商品の中から代表的なものを2つほど紹介してみましょう——

まずおすすめなのが、エムロック株式会社が販売しているケノン。出荷台数が50万個を越えているというベストセラー商品です。

照射面積が非常に大きいため、処理の時間も短くてすみます。また、出力を10段階に渡って調整できるので、デリケートな部位でも痛みがほとんどありません。

カートリッジには特殊フィルターが付いていて、紫外線などの光を吸収してくれるのもメリットのひとつ。

カートリッジ交換も可能なので、他の人とシェアして使えます。人数が多ければ多いほど一人あたりの負担が減りますから、家族と一緒に住んでいる人などは大変お得となります。

続いて紹介するのは、パナソニック 光美容器 光エステES-WH93。

パナソニックは脱毛製品に力を入れていて、特にこの光エステは毛が薄くなるばかりでなく、使っていると肌までケアができると評判の脱毛器。

カートリッジ交換は不可ですが、10万ショット打つことができるため、取り替える必要がそもそもありません。額や頬にも使えるので、産毛が気になる人にはピッタリです。

またクイック充電機能がついていて、使いたい時にすぐ使えるというのも大きなメリット。

出力レベルは5段階で、使いやすさも抜群です。

いかがでしょうか? 他にも高性能の脱毛器は多いので、ぜひネットで口コミサイトをチェックしてみて下さい。

旭川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

永久脱毛をしたらずっと毛は生えてこない?

毛は生えてこない

永久脱毛をしたらずっと毛は生えてこない?

脱毛を専門に行なっているクリニックの宣伝で、「永久脱毛」という言葉をしばしば見かけます。
おそらくたくさんの人が「死ぬまでずっと毛が生えてこなくなること」だと思い込んでしまうでしょう。でも、それは実は違います——。

日本の美容・医療界では「永久脱毛」について厳密な定義はありませんが、アメリカの電気脱毛協会では、以下のように明確な意味を定めています——

「永久脱毛とは、施術後1ヶ月経過した時点で、毛の再生率が20%を越えないこと」

これで分かるように、永久脱毛とは「一生毛が生えてこない」ことではありません。脱毛が終わってから一定期間が過ぎても、ほとんどのムダ毛が生えてこない、という状態をいいます。

そしてこれも知らない人が多いのですが、脱毛サロンでは永久脱毛はできません。というのも、永久脱毛をしようと思ったら、レーザー脱毛と絶縁針脱毛(医療針脱毛)のどちらかの手段を選ぶ必要があるからです。これら2つは医療行為に当たるため、病院やクリニックの医師以外にはできません。

1984年、当時の厚生省(現在の厚労省)が「医師以外の者がいわゆる永久脱毛を行った場合、医師法違反に問われる」とし、さらに2001年には「医療用かどうかに関わらず、毛乳頭などの部位を強い光で破壊する機器を医師以外の者が扱うのは、医師法違反にあたる」と決めました。

これによって、サロンのエステティシャンが永久脱毛を行うことはもちろん、広告で「永久脱毛」という文言を使うことも不可能になりました。

つまり、サロンでの脱毛処理というのは、いってみれば「抑毛」「減毛」にすぎません。
もし永久脱毛をしたいのなら、医療機関に通うことをおすすめします。

旭川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛前後に頭痛薬は厳禁

薬を飲む機会がある

脱毛前後に頭痛薬は厳禁

サロンにしろ医療クリニックにしろ、一旦脱毛を始めたら完了までには数ヶ月から数年かかってしまいます。その間には頭痛を覚え、薬を飲む機会もあるでしょう。

注意したいのは、「頭痛薬を飲んだ場合、脱毛の施術は不可」というサロンやクリニックが多い、という点です。

市販薬だと前後1日くらい、処方薬の場合は前後1週間に渡って服用を避けるべきだ、とされています。

その理由は以下の3つです——

肌トラブルを引き起こす可能性がある

頭痛薬の中には、解熱を促進する成分が配合されているものがあります。
これらの成分は体温を下げようとして、発汗機能を活性化します。

光やレーザーの効果で施術後は毛穴が開いた状態になっているので、汗をかいてしまうと毛穴に菌が入り込みやすくなります。このせいで「肌に赤み・かゆみが出る」「むくんだり、はれたりする」といった肌トラブルが起こりやすくなります。

ホルモンバランスが崩れるので、脱毛の効果が薄れる

これは頭痛薬に限りませんが、薬を服用するとホルモンバランスが崩れやすくなります。そんな状態で脱毛すると、正常時と比べて脱毛の効果がどうしても薄くなります。

光過敏症が起こる場合がある

いくつかの薬に含まれる成分は、皮膚が光に過敏になる「光線過敏症(光過敏症)」という副作用を引き起こす場合があります。

この過敏症になると、普段なら全く問題のない光の照射で、かゆみ、むくみ、水ぶくれなどが生じてしまいます。

この副作用を引き起こすものには、向精神薬、非ステロイド性消炎鎮痛剤、抗生物質などがあります。頭痛薬も色々な種類があるため、光過敏症が起こる可能性はない、とはいい切れません。

以上のように、頭痛薬は効き目が強いだけに、施術との併用では体への影響が大きくなります。
施術前は服用を避け、トラブルが起こらないようにしましょう。

旭川の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の仕組み

脱毛の仕組み

脱毛の仕組みとは?

サロンにしろ医療クリニックにしろ、脱毛の施術でターゲットとなるのは毛根です。
毛が植物ならば毛根は土壌であり、土壌がなければ植物は生えてきません。

以前は美容電気脱毛(ニードル脱毛)という、針を一つ一つの毛穴に刺して熱処理する方法が行なわれていましたが、現在は廃れています。

代わりにサロンで主流となっているのが、光脱毛。フラッシュ脱毛とも呼ばれ、その名前の通り、カメラのストロボのような光を使います。

光脱毛にも色々あって、現在使われているのはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。このうち最も採用されているのが、IPL脱毛です。

IPLというのは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)の略。もともとエステサロンでニキビ痕、赤ら顔、毛穴の引き締め、くすみなどの改善に使われていたのですが、毛根にも効果があるというので、脱毛サロンでも使われるようになりました。

そして医療クリニックでは、アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど、レーザーによる施術が一般的です。

IPLにしてもレーザーにしても、脱毛の原理は全く同じ。どちらもメラニン色素だけに反応する特質を持っているため、ムダ毛に照射すると毛根が高熱を発し、その組織がダメージを受けます。このことで発毛を阻害するわけです。

最近では毛根をターゲットとしないハイパースキン脱毛も開発されています。これはバルジという部位から生まれる発毛因子(毛の種)にダメージを与え、毛が生えないようにする、というもの。

効果や痛みの点で、両方の方法にはメリット・デメリットがあります。
施術を考えているなら、サロンやクリニックの公式サイトをチェックし、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

シェービングで 脱毛

気楽な施術だと思いこんでいる人

ムダ毛の自己処理には何を使えばいいの?

サロンや医療クリニックでの脱毛について、マッサージのような気楽な施術だと思いこんでいる人もいるようですが、そうともいえません。

というのも、施術前に長く伸びたムダ毛をあらかじめ自己処理しておく必要があるからです。

「自分でムダ毛を処理するんだったら、サロンでは何をするの?」と不思議に思う人もいるでしょうが、自己処理と脱毛とはまるで違う行為。サロンでは特殊な光を当てて毛根にダメージを与え、脱毛効果を得ます。つまり、ムダ毛処理をしないですむように発毛そのものを阻害してくれるのです。

その施術には長いムダ毛は邪魔になるため、施術される側であらかじめ処理しなければいけません。

その処理方法ですが、まずカミソリを思い浮かべる人が多いでしょう。

でもカミソリの刃は刺激が強く、肌へのダメージも結構大きいとされています。黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛といった肌トラブルを引き起こすことも多いため、なるべく避けた方が無難です。

また毛抜きもよく使われますが、脱毛期間中は絶対にやめておくべきです。

というのも、サロンやクリニックでは、熱エネルギーによって毛根の組織にダメージを与えて発毛を防ぎます。

毛抜きを使うと肝心の毛根がなくなってしまうため、施術の意味がなくなるのです。

ほかに除毛クリーム、脱毛ワックスを使う方法もありますが、肌へかなりの負担をかけるため、おすすめできません。

では何が1番かというと、電気シェーバーです。これなら肌へのダメージが最小限ですみます。

ムダ毛を自己処理する時は、電気シェーバーを使うようにして下さい。

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛は湘南美容外科クリニックがおすすめ

プロの手で脱毛してもらう

クリニックで脱毛するなら、湘南美容外科クリニックがおすすめ

プロの手で脱毛してもらおうと思ったら、脱毛サロンか医療クリニックに行くことになりますが、永久脱毛に関しては医療行為ということでクリニックだけしかできません。

ところが、最近はちょっとした「脱毛ブーム」ということで、施術をおこなってくれるクリニックも数え切れないほどあるため、どこがいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、湘南美容外科クリニックです。

その第1のメリットは、なんといっても信頼性。北海道から沖縄まで全国各地に75もの分院があり、来院者数も125万人を越えています。これだけの実績があるだけに脱毛に関しても熟練した医師がそろっていて、施術の際も安心できます。

もちろん、プラン設定に関しても様々なメリットがあります。

例えば、大抵の脱毛サロンやクリニックでは回数に応じた消化期限が設定されていて、その期限を越えると施術が受けられなくなり、せっかく支払った費用が無駄になってしまいます。

湘南美容外科クリニックの場合はそんなことはありません。
コースの有効期限がないため、契約した分の施術が必ず受けられます。

また、転院が自由というのも大きなメリット。全国各地に75の分院があるため、引っ越しをしてもその近くの分院に行って施術を続けることが可能です。手数料はもちろん、面倒な書類の記入も必要なし。全国展開しているクリニックならではの利点です。

もちろん体験コースも実施しており、うなじ、VIOなどを含めた「Sパーツ」なら1回3,980円。
まずこれを受けてみて、クリニックの雰囲気と技術を確かめてみてはいかがでしょうか?

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の仕組み

脱毛のシステム

サロンとクリニックの脱毛のシステムって?

サロン、医療クリニックに関わらず、脱毛の施術でターゲットとされるのは毛根です。毛が植物とすれば毛根は土壌で、土壌がダメになれば植物は生えてきません。

以前は、プローブと呼ばれる針を一つ一つの毛穴に突き刺して熱処理する美容電気脱毛(ニードル脱毛)という方法が行なわれていましたが、痛みがひどいこともあって現在は廃れています。

代わりに主流となっているのが、光脱毛とレーザー脱毛。

光脱毛はフラッシュ脱毛という別名を持ち、その名の通り、カメラのストロボのような光(フラッシュ)をムダ毛に照射します。

光脱毛にもいくつか種類があって、現在サロンで採用されているのはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といったところです。

そして医療クリニックの方では、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなど、レーザーによる脱毛が一般的。

フラッシュとレーザーの脱毛の原理は同じです。どちらも黒いメラニン色素だけに反応する特性を備えていて、ムダ毛に当てると毛根部分が高熱を発し、毛乳頭や毛母細胞が損傷を受けます。このことで発毛を阻害してしまうわけです。

最近ではハイパースキン脱毛という新しい方式も登場しています。これはバルジという毛根の一部から供給される発毛因子(毛の種)にダメージを加え、発毛を阻止する、というもの。毛根全体をターゲットとしないので低温ですみ、痛みがほとんどありません。ただ、脱毛効果は少々落ちてしまいます。

他の方法にも様々なメリット・デメリットがあります。
脱毛を考えているなら、サロンやクリニックのサイトを見て、自分に合ったところを選ぶようにして下さい。

旭川の人気脱毛サロンランキングTOPへ