肌に悪い自己処理はやめて、足脱毛にチャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

肌の美しさがひときわ際立つ部位が「足」です。
体の半分を占めるだけに露出すると目立ち、スタイルに自信のある女性は、暑い寒いに関わりなくミニスカートをはいたりしています。

スラリと伸びたシルエットの美しさは異性だけでなく同性の視線も奪いますが、その時に気をつけないといけないのがそこに生えているムダ毛です。

遠くから見た時はキレイに思えた足が、接近してみると一面ムダ毛で覆われていてはその魅力も半減。
あえてその見栄えをアピールしていただけに「ムダ毛を放置したまま肌を露出するなんて、どういう神経なんだろ」と蔑んだ目で見られかねません。

もちろん言われるまでもなくムダ毛処理に一生懸命になっている女性も多いはずですが、月に数回やるだけでもその処理というのは結構面倒なものです。

しかも自己処理で使うカミソリ、毛抜き、除毛クリームといったものは肌に負担をかけがち。継続していると、黒ずみなどの肌トラブルを招きかねません。キレイに見せるためにやっているのに、肌にダメージを与えては本末転倒です。

「自己処理なんて面倒だし、肌に悪いし、いっそのことサロンやクリニックに行って脱毛してもらおうか……」

そんなふうに考えている女性も少なくないでしょう。

実は、脱毛はちょっとしたブーム状態を呈しています。レーザー技術を活かした脱毛方法が導入されたおかげで施術も簡単になり、その費用も以前よりはるかに安くなっているのです。
脱毛してもらうなら、今を見逃す手はありません。

ただ脱毛の初心者にとって、サロンや医療クリニックに足を運んで説明を受け、契約書に目を通した上でサインするというのは考えただけで気が重いものです。
そうでなくても脱毛に関する詳細が分からないため、自己処理と縁が切れない女性も多いでしょう。

そこでこのページでは、各サロンやクリニックでの足脱毛の費用、施術完了までの回数と日数、そして脱毛で気になる疑問点とその回答など、初心者向けの情報を細々と紹介していくことにしました。

ぜひ以下の情報を読んで、1度脱毛に挑戦してみて下さい。

脱毛がリーズナブルに可能なサロンやクリニックはどこなのか?

足は体の下半分を占める面積の大きいパーツです。そのため、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった細かい部位について脱毛が個別にできます(もちろん、全部のパーツを含む足全体のコースもあります)。

各パーツの料金は、各店舗・各医院によってかなりの差があるので、なるべく安上がりに脱毛したかったら各サイトなどをチェックし、そこに書かれた数字をキッチリと比較検討することが欠かせません。

その中でも特に格安のサロンやクリニックをあげていきましょう。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……(6回分)18,000円
・ひざ下……(6回分)18,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回分)12,000円
・足全体……(8回分)48,000円(ひざ上・ひざ下は6回分)

銀座カラー

・ひざ上……(8回分)42,000円
・ひざ下……(8回分)42,000円
・ひざ……(8回分)21,000円
・足の甲・指……(8回分)21,000円
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……(8回分)31,200円
・ひざ下……(8回分)31,200円
・ひざ……(8回分)14,400円
・足の甲・指……(8回分)14,400円
・足全体……(8回分)91,200円

脱毛ラボ

・ひざ上……(8回分)47,840円
・ひざ下……(8回分)31,840円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(8回分)15,840円
・足全体……(8回分)95,520円

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……(5回分)55,000円
・ひざ下……(5回分)41,250円
・ひざ……(5回分)13,750円
・足の甲・指……(5回分)13,750円
・足全体……(5回分)92,900円

リゼクリニック

・ひざ上……(5回分)79,800円
・ひざ下……(5回分)89,800円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回分)19,800円
・足全体……(5回分)119,800円

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……(6回分)81,000円
・ひざ下……(6回分)81,000円
・ひざ……(6回分)28,750円
・足の甲・指……(6回分)28,750円
・足全体……(6回分)219,500円

KM新宿クリニック

・ひざ上……(5回分)60,000円
・ひざ下……(5回分)60,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……(5回分)20,000円
・足全体……(5回分)100,000円

となっています。

サロンの中で1番費用がリーズナブルなのは、ミュゼです。
ひざ上・ひざ下をそろって施術してもらっても36,000円(6回分)なので、他のサロンと比較すると数万円ほど安くなります。

ただ足全体を脱毛したいとなると銀座カラーがおすすめ。足の指・甲まで徹底的に脱毛できておまけに通い放題。それで料金は151,152円しかかかりません。
とにかく足のすべてのムダ毛を処理したいという女性はこっちを選ぶべきでしょう。

クリニックの方になると、アリシアクリニックが最もリーズナブル。ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指が施術可能な足全体プランが92,900円となっています。

クリニックの中にはとんでもない高級店もあり、40万円以上の施術料をとるところもザラです。それと比べると、アリシアクリニックの10万円以下の料金は本当に良心的と言えるでしょう。

脱毛を体験してみたいなら、ジェイエステへ

全身脱毛と比較するとまだ安価とは言え、足脱毛の費用もバカにはできない高さです。

何も知らずにいきなり契約するのは嫌だという人は、ジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を経験してみましょう。

これは両ワキのほか、全身18部位から好きなところ3つを1度施術できるというプラン。料金は300円といいますから驚きです。

これで施術がどんなものか知った上で、サロンやクリニックと契約するのがいいでしょう。

脱毛完了までの日数と回数について

上の文章で、足脱毛の料金については大体お分かり頂けたと思います。

では、脱毛が完了するまでの日数と回数はどうなのでしょうか?

統計を取ると以下のような結果でした——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

これらを見て、「予想よりも日数と回数がかかる」と感じた人が多いかもしれません。

実は、体の部位の中でも足は施術の結果が早く出る、と言われています。それでもこのような期間と回数がかかってしまうのです。

なぜかというと、現在主流となっている脱毛方法と、毛の成長サイクルの両方が関わっているからです。

それを以下のセクションで説明しましょう。

脱毛までの日数と施術回数が多い理由とは?

脱毛方法から述べていきましょう。

現在、サロンとクリニックで使われている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の光を肌に当てて脱毛していきます。

この光は、メラニン色素に反応して熱に変わる特徴を備えています。ですから表皮は素通りし、黒い毛だけに損傷を与えられるわけです。

熱エネルギーは毛根の発毛組織(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部など)を弱めたり死滅させたりします。このことで毛は伸びなくなり、肌が無毛になります。

「それなら1回の照射によって脱毛は終わるのでは?」と思われるかもしれませんが、そううまくはいきません。
というのも外観上、ムダ毛はすべて同じに見えても、肌の奥での状態はひとつひとつが違っているからです。

すべての体毛は「休止期」「成長期」「退行期」と呼ばれる3つの時期を経て生え替わっていきます。これが毛の成長サイクル、「毛周期」です。

照射で効果があるのは、毛が伸びていく時期、つまり「成長期」だけです。

残りの「退行期」(成長が止まり、毛乳頭から切れかけている時期)、そして「休止期」(毛穴から抜け落ちるのを待っている時期)は、照射しても施術効果はありません。

成長期の毛は施術後1〜2週間で抜け、1〜2ヶ月間、その部位はツルツル状態になります。

やがて毛が復活してきたら、光を再び照射。これを繰り返していくと、毛そのものが衰え、本数も減ります。

このようにしてじっくりとムダ毛一本一本の毛根を弱体化していき、ようやく脱毛が完了するわけです。

そのため、施術は1〜2ヶ月に1回というのんびりしたペースになってしまいます。

以上、脱毛に時間と回数が予想以上に必要なわけがお分かりになったでしょうか?

何しろ毛周期との兼ね合いがあるため、施術をスピードアップするのは困難です。
「脱毛するとなったら1年以上はサロンやクリニックに通う必要がある」ということを理解しておきましょう。

足のブツブツは脱毛することで治っていく?

ムダ毛を自分で処理していると、黒いブツブツができてしまうことがあります。

この正体はカミソリによって生じた埋没毛です。

カミソリでムダ毛を剃っていると必ず肌に小さな傷がつき、それを元通りにしようと新しい皮膚が作られます。

しかしその皮膚が毛穴をおおってしまうことがあり、そうなると毛が肌の中で伸びていきます。これが埋没毛です。

埋没毛を繰り返さないためにも、プロによって脱毛してもらいましょう。
自己処理の回数が減少し、肌の状態が改善されます。

さらに術後のケアをキッチリとおこなってくれるサロンやクリニックなら、肌の潤いが維持され、治癒効果も倍増。

施術を続けていれば、足の肌は確実にキレイになるでしょう。

足脱毛についての疑問とその返答

Q.サロンやクリニックに施術で出かける時は、どんな服装がいい?

これはサロンやクリニックによって事情が異なります。施術用のガウンがしっかり用意してあるところなら、もちろん服装を気にする必要はありません。

着替えが用意されておらず、施術を私服で受ける場合は、下半身だけショーツ姿になります。ですから、ワンピースはやめた方がいいでしょう。

なお、施術に専用ジェルを使うサロンやクリニックでは、ショーツにそのジェルが付着してしまうことがあります。
替わりのショーツがないこともあるので、自分で持っていく方が無難です。

Q.色素沈着している肌には光が照射できない?

いくつかのサロンとクリニックに聞いてみたところでは、「色素沈着がある部位は施術できません」という回答でした。

上で述べたように施術用の光は、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーとなります。したがって色素沈着があるとその黒色に反応し、肌に火傷を負わせる可能性があります。

どうしても色素沈着のあるところを脱毛したいなら、電気バリを使うクリニックに通いましょう。

Q.肌が乾燥していても施術はできる?

やはりサロンとクリニックに尋ねてみましたが、「乾燥した皮膚へは施術できない」とのことです。

というのも、肌が乾燥すると刺激への抵抗力が弱くなってしまうため、光の照射によって無用なトラブルが起きやすくなるからです。

また、肌に傷がある場合も化膿が生じる危険性があるため、施術は不可です。

施術後のアフターケアは非常に重要

光の照射による施術を受けると、肌の防御能力はかなり低下します。トラブルを回避するためにも、アフターケアは気をつけて行ないましょう。

まず入浴は絶対にやめて下さい。「汗や汚れをどうしても落としたい」という人は、温度の低いシャワーで我慢しましょう。

その際も、あくまで肌に刺激を与えないよう注意すること。ボディタオルなどでこするのはもちろん厳禁です。

入浴後もタオルを押し当てる感じで水分を取って下さい。

また脱毛後の肌は、毛穴の熱のせいで相当乾燥しています。炎症などのトラブルを避けるには、脱毛したパーツの保湿が非常に重要です。施術直後は当然ですが、翌日も保湿には気をつけ、潤いを欠かさないようにしましょう。

保湿には普段使いのローションやクリームを塗ってもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液なら効果がアップ。化粧水の後にミルクローションを塗ると潤いもバッチリです。

以上、足脱毛に関する基本的な情報を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べてきましたが、ムダ毛の自己処理は肌の状態を悪くします。
美しい肌を保つためにも、自分の好みに合った脱毛サロンや医療クリニックで脱毛してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*